OCN モバイル ONEの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

最終更新日 / 作成日 2015年3月29日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

OCN モバイル ONE

MVNO業界でトップシェアを誇るのがOCN モバイル ONEの格安SIMです。知名度は抜群ですが、他の格安SIMと比べて月額料金はそれほど安くなく通信速度も平凡です。通常月額300円かかる050plusをOCNの音声通話付きのSIMの場合は無料、データ専用SIMの場合は半額で利用できます。

公式サイト → OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

  • 格安SIMでトップシェア
  • 050plusが安く使える
  • 口座振替での支払いに対応
  • SIMカードが安い (1200円くらいで買えます)
  • 200kbpsなら無制限で使える

OCN モバイル ONEの注意点

  • 月額料金が他の格安SIMと比べて少しだけ割高
  • 通信速度は普通レベル
  • 特に強みのある格安SIMではない

OCN モバイル ONEの格安SIMプラン

月額料金データ容量
110MB/日コース900円110MB/日
170MB/日コース1380円170MB/日
3GB/月コース1100円3GB
5GB/月コース1450円5GB
10GB/月コース2300円10GB
500kbpsコース1800円15GB

音声対応:+700円/月 (SMS対応含む)
SMS対応: +120円/月

その他にかかる費用
初期工事費用(パッケージ費用) 3000円 (実際には1200円程度になります)
音声対応SIMを6ヶ月以内に解約した場合は解約違約金8000円がかかる。

SIMサイズの変更/追加 音声対応通話SIM3000円、データ通信専用SIM1800円
(参考記事:格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM)

データ容量を複数のSIMカードでシェアする場合、追加するSIMカードごとに月450円がかかる。

オプション料金
・留守番電話サービス 300円/月
・キャッチホン 200円/月

通話料金 30秒20円
050plusを使うと通話料金が固定電話3分8円、携帯電話1分16円になる。

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限される。

OCN モバイル ONEの評価と他の格安SIMとの比較

OCN モバイル ONEは古くからあるMVNOで格安SIMでトップシェアを誇ります。多くのCMにより知名度が抜群でユーザを増やしている反面、通信速度は普通レベルで、月額料金が少し高く、特に強みがない格安SIMになっています。

OCNモバイルONEは格安SIMでトップシェアですが、特に良いという格安SIMではなく、平凡な格安SIMになっています。スマホで電話をすることが多い人にとっては少しだけ割安な格安SIMになっています。

通信速度が普通レベル → 普通レベルより少し速くなる

OCNモバイルONEの実際に出る通信速度は、長らく普通レベルだったのですが、2015年10月ごろから普通より少し速いレベルの通信速度に改善されています。

2015年9月以前のOCNモバイルONEは、通信速度が平日の夜にかけて遅くなっていました。

この時間帯のOCNモバイルONEの通信速度だと、アプリのダウンロードの場合、速い格安SIMだと3分でダウンロードできるところが6分かかってしまうような場合もありました。ダウンロードに時間がかかりますが、ゲームアプリで遊ぶこと自体には全く問題ありません。

若干ストレスがかかるかもしれないのがインターネットをする時です。速い格安SIMと比べると0.5秒から1秒くらい読み込みが遅れたりします。

ただしこの時間帯のOCN モバイル ONEでもYoutubeやニコニコ動画、Huluなどの動画サイトでも途中で止まらずに見ることができるスピードは出ていました。

普通レベルの通信速度でも全部が全部ダメというわけではなく、一般的な使い方ならOCNモバイルONEでも十分使えていました。ヘビーユーザやビジネス用途によっては平凡な通信速度が原因でストレスになる場合があります。全員が満足するというまでにはいきませんが、普通に使う分には普通に使える程度の通信速度が出ているのがOCN モバイル ONEの格安SIMです。

そんなOCNモバイルONEでしたが、2015年10月ごろから通信速度が改善されていき、平日の夜でもストレスなく使える程度の速度が出るようになりました。以前は、平日の夜にインターネットをすると、サイトの読み込みが若干遅くなっていましたが、今では普通に使えるようになっています。

OCN モバイル ONEの実際に出る通信速度の最新情報はMVNO格安SIMの通信速度の記録に載っているのでそちらもご確認下さい。

速い通信速度を重視する場合は、UQ mobileだけが速い格安SIMを提供しているので、そちらをおすすめします。他の格安SIMだと時期によって通信速度が速くなったり普通になったりします。

OCNモバイルONEの弱点=強みがない

OCNモバイルONEの最大の弱点は強みがないことです。

通信速度は少し速くなったのですが他の格安SIMと差別化するほどの差でもありません。月額料金が少し高く、音声対応SIMなら050plusが無料で使えますが、その分、月額料金が少し高くなっているので帳消しになる程度です。

OCNモバイルONEは格安SIMでトップシェアを誇りますが、これといって取り柄(とりえ)がありません。楽天市場を使う人なら楽天ポイントがたくさんもらえる楽天モバイルが一番おすすめです。通信速度の速さを最重視するならUQ mobileです。大量のデータを安く使いたいならU-mobileです。信頼性で選ぶならIIJmioDMM mobileです。

OCNモバイルONEにはこれといったものがありません。あるのは高い営業力(販売力)です。格安スマホやモバイルルータに無料でつけることで使ってもらう、そんな販売をしています。データSIMを短期的(数ヶ月)に使う分にはOCNモバイルONEでもかまいませんが、長期的に使う場合は、無料で付いてきたOCNモバイルONEはゴミ箱にすてて、自分に合った格安SIMを選ぶのをおすすめします。

無料の公衆無線LANについて

OCN モバイル ONEだと2016年3月31日まで無料で公衆無線LANを使うことができます。ローソンやセブンイレブンにWi-Fiスポットがあります。

これは以前は、2015年9月30日までだったのですが、2016年3月31日までに延長されました。

一見すると嬉しいサービスですが、実際の所かなり几帳面な人やヘビーユーザくらいしか使いません。例えば、アプリをダウンロードするからローソンに行こう!みたいなことができる人には良いかもしれません。

申し込みをして設定して、1回試して満足して、それから使わないまま無料期間終了・・・、みたいなことになると思います。

さらに、OCNモバイルONEを契約していなくても無料でWi-Fiが使える方法があります。OCNモバイルONEで使えるWi-Fiスポットは全国5万カ所くらいですが、誰でも無料で使えるWi-Fiスポットは全国13万カ所あります。詳細は下記を参考にしてみてください。

誰でも使える格安SIMと格安スマホのための無料のWi-Fiの使い方

選ぶなら月コース

OCN モバイル ONEには110MB/日や170MB/日コースがありますが、これを選んではいけません。

容量が少し大きなアプリ(特にゲームアプリ)を1つダウンロードしたりアップデートするだけで、1日で使えるデータ容量を使い切ってしまうか、悪い場合は足りなくなったりします。日コースの場合は1日分のデータ容量を繰越できますが、それでも厳しい場合があります。

月額料金が安いからといって日コースを選ぶと後悔します。素直に3GB/月コースや5GB/月コース、または10GB/月コースを選んだほうがいいです。

500kbps(15GB)コースは動画を長時間見るためのコース

OCNモバイルONEには通信速度が500kbpsで月15GB使えるコースがあります。この500kbpsというのはYoutubeで普通画質(360p)ならほとんど止まらずに見ることができるレベルの通信速度です。

普通画質(360p)はスマホで見る分には十分な画質です。タブレットで見ると粗さが少し目立つようになって、パソコンで見ると荒い画質になります。

Youtube以外にも、ニコニコ動画やHulu、Netflixなどの場合も、スマホの普通画質程度なら動画をほとんど止まらずに見ることができます。

通信速度が500kbpsの場合、一番苦手なのがアプリのダウンロードやアップデートです。普通のコースよりも5,6倍は時間がかかってしまいます。例えば一般的なアプリは50MBくらいですが、これをダウンロードするのに13分くらい時間がかかってしまいます。

サイトを見るときも500kbpsだと一般的な高速通信と比べると体感できるくらい読み込みが遅れます。

15GBコースは基本的にスマホで動画を長時間見るためのコースです。1日2時間程度(1ヶ月60時間)ならデータ容量を超えることなく使うことができます。もし15GBを使い切ってしまった場合は、200kbpsに制限されるので動画は見ることはできません。

Youtube等の動画をたくさん見たい場合で、なおかつ快適にWebサイトを見たり、アプリを素早くダウンロードしたい場合は、U-mobileのLTE使い放題プランをおすすめします。月額料金が2480円とOCNモバイルONEの500kbpsコースよりも680円高いですが、高速データ通信を無制限に使えます(3日間で2GBを超えると速度制限あり)

UQ mobileの無制限プランなら500kbpsで月最大30GB使えます!

OCNモバイルONEの500kbpsコースは月額1800円で15GB使うことができます。

UQ mobileのデータ無制限プラン(500kbps)は月額1980円で月最大30GB使うことができます。UQ mobileの場合、3日間で3GB超のデータ通信をすると翌日速度制限になるので、無制限プランであっても、実質的に月最大30GBが上限になります。

OCNモバイルONEと比べるのUQ mobileの無制限プランの安さが際立っています。3日間で3GBですが十分です。十分すぎます。500kbpsのスピードで1日1GB使うには、Youtubeの動画を5時間くらい見る必要があります。普通のWebサイトは1ページ1MBくらいなので、1000ページ見てようやく1GBになります。

UQ mobileの無制限プランは速度こそ500kbpsに制限されていますが、動画も普通に見れるし、サイトも少し読み込みの遅さを感じるかもしれませんが、案外普通に使えたりします。

スマホで気軽に動画を見たり音楽ストリーミングサービスを使ったり、サイトを見たり、UQ mobileの無制限プランならデータ量をほとんど気にせずに使うことができます。

無制限で200kbpsが使えるので、インターネットラジオをよく聴く人にオススメ

OCNモバイルONEの利点の一つに、無制限で200kbpsが使えるというのがあります。

高速データ通信をオフにすると、200kbpsの速度が出て、この速度で通信している場合は、OCNモバイルONEではデータ量を消費しません。ほとんどの格安SIMが何かしらの制限を設けているので、無制限に200kbpsを使えるのはOCNモバイルONEくらいです。この200kbpsは何に使うかというと、インターネットラジオです。LINEの無料通話でも構いません。LINEのトークでも余裕です。

インターネットラジオのradikoの場合、1時間聴くとデータを30MBくらい使います。radikoの場合、高速データ通信をオフにして200kbpsにしても余裕でradikoを聴くことができます。

1日1時間程度なら1ヶ月900MBくらいのデータ消費なので気にする必要はあまりないのですが、1日3,4時間聴いてしまうと、それだけで月3GBくらいのデータを消費してしまいます。これが200kbpsを使えばデータ消費が無しに聴くことができます。

楽天モバイルの場合、ベーシックプランという月525円で200kbpsを無制限に使えるプランがあります。インターネットラジオだけを聴きたい場合は、楽天モバイルがオススメです。ただし、楽天モバイルの場合は、3.1GBプランのように高速データ量が使えるプランだと、たとえ高速データ通信をオフにして200kbpsで通信してもデータを消費してしまうので注意が必要です。

口座振替での支払いに対応している

OCN モバイル ONEは格安SIMの中では珍しく音声SIMとデータSIMの両方とも口座振替での支払いに対応しています。口座振替時の手数料も発生しません。非常に良心的な対応をしています。

ネットの情報だとOCN モバイル ONEは口座振替に対応していないという情報がありますが、2015年4月16日にOCNに電話で問い合わせたところ、音声SIMとデータSIMの両方とも口座振替での支払いができるとのことを回答をもらいました。

口座振替での支払いをするためには、一旦OCNモバイルONEに電話をかけて口座振替の書類を郵送してもらってそれを書いて出す必要があります。おそらく1ヶ月くらい時間がかかりますが、クレジットカードやデビットカードがない場合は、OCNモバイルONEでの申し込みがほとんど唯一の方法になります。

ちなみにBIGLOBEの場合はデータSIMのみ口座振替に対応していますが振替手数料に毎回200円取られてしまいます。

OCNモバイルONEは050plusを使う場合にだけ選ぶ

OCNモバイルONEは月額料金が少し高いです。

その代わり050plusの月額料金が無料または半額で使うことができます。050plusを使う場合にOCNモバイルONEでもおすすめですが、050plusを使わない場合は、格安SIMとしておすすめではありません。

050plus
月額料金 300円 固定電話3分8円、携帯電話1分16円
OCNモバイルONEの通話SIMの場合は月額料金が無料、データSIMの場合は月額料金が150円。

通常の格安SIMの通話料金は30秒20円です。楽天でんわを使うことで30秒10円になります。

月額300円の050plusを利用することで、固定電話3分8円、携帯電話1分16円で通話することができます。電話をよくする場合に、050plusを使うのが有効です。

注意点は050plusの通話音質はそんなによくありません。普通に電話をかけるよりも安いから使う、そんなレベルです。

050plusを無料/半額で使えることを加味すると、OCN モバイル ONEの月額料金は少しだけ安いレベルになります。逆に、050plusを使わない場合はOCN モバイル ONEは完全に割高になります。

OCNモバイルONEのまとめ

OCNモバイルONEは悪い格安SIMではありませんが、特に強みもないので、おすすめの格安SIMというわけでもありません。

OCNモバイルONEは、インターネットラジオを1日3時間くらい聴く場合や、口座振替で支払いをしたい人、または050plusが必須の人におすすめの格安SIMになっています。

OCN モバイル ONEの格安SIMの申し込みはこちらから → OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEの申し込みやSIMカードの設定に不安がある人は下記を参考にしてみてください。

OCN モバイル ONEのデータSIM(月額1100円)の申し込みから設定までの全て

OCN モバイル ONEで買えるおすすめの格安スマホセット

※ 格安スマホに関する最新情報は格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)で記載しています。基本的に正しいのは最新情報のほうです。最新情報を合わせて格安スマホの購入の参考にしてみてください。

スマホとセットで購入すると音声SIMとデータSIMが無料!

OCN モバイル ONEだとスマホを買うと通常1200円くらいかかる音声SIMとデータSIMが無料で付いてきます。

OCN モバイル ONEのSIMカードを単品で買っても1200円くらいしかかからないので、そこまでお得感があるというわけではありませんが、スマホをまだ持っていない人で、OCN モバイル ONEの音声プランとデータSIMを申し込もうと思っている人におすすめです。

格安スマホを買うとOCN モバイル ONEの音声SIMとデータSIMが無料で付いてくるところ

goo SimSeller

gooのスマホ(g01/g02/g03)、ZenFone 2、ZenFone 2 Laser、HUAWEI P8lite、AQUOS SH-M01、その他の無名のスマホが売られていますが、この中でおすすめなのが、gooのスマホ g03とZenFone 2 Laser、HUAWEI P8liteです。

格安スマホ、gooのスマホ g03

g03、価格は2万6784円(税込み)
CPUオクタコア1.0GHz/1.5GHz、RAM2GB、ROM16GB、5インチ、カメラ1300万画素、電池2400mAh

クワッドコアというのはCPUのコアが4つ入っています。
オクタコアはCPUのコアが8つ入っています。

コアが多ければ多いほど性能がいいです。g03のCPUはオクタコアで1.0GHzのコアが4つ、1.5GHzのコアが4つ入っています。必要に応じてコアを動かすので省電力で動かすことができるので電池の持ちがいいです。FOMAプラスエリアにも対応しています。

gooのスマホはg03のほかにg01とg02、そしてg04がありますが、g01とg02は後で後悔するほど性能が悪いです。g04は性能が良くて機能も充実しているのですが、なにぶん価格が4万1904円もします。g04が気に入った場合は、同じような性能で1万円安く買えるarrows M02/RM02を検討するのをおすすめします。

格安スマホ、ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laser、価格は3万24円(税込み)
CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、5インチ、カメラ1300万画素、電池2400mAh

格安スマホで一番人気があるのがZenFone 2 Laserです。CPUの性能はgooのスマホ g03よりも少し低いですが、一般ユーザにとって十分な性能を持っています。gooのスマホは電池が交換できませんが、ZenFone 2 Laserは電池が交換できるようになっています。

ZenFone 2 Laserのスペックと評価と評判のまとめ

格安スマホ、HUAWEI P8lite

HUAWEI P8lite、価格は3万888円(税込み)
CPUオクタコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、5インチ、カメラ1300万画素、電池2200mAh

格安スマホで2番目に人気があるのがHUAWEI P8liteです。CPUの性能はgooのスマホ g03と同程度になります。電池持ちも良く、デザインもしっかりしています。

HUAWEI P8liteのスペックと評価と評判のまとめ

ZenFone 2に関しては性能はいいのですが、なにぶん価格が高いです。一番安いモデルでも3万5425円します。gooのスマホ g03と比べると、Zenfone 2のほうが少し性能が良いかもしれませんが、電池の持ちはg03のほうが良いです。最新の3Dゲームをバシバシやりたいという人でない限り、g03のほうが満足できると思います。

OCN モバイル ONEのネットの評判

ネットでのOCN モバイル ONEの評判はあまり良くありません。というのも、ネットでは主に通信速度が評判を左右するためです。OCN モバイル ONEのように実際に困ることはあまりなくても他の速い格安SIMと比べて通信速度が遅いと評判が悪くなってしまいます。

平日の昼の時間帯(12時20分から40分)に使い物にならないくらい通信速度が低下します。夕方から夜の時間帯(18時から22時)にも通信速度が低下しますが普通画質の動画(Youtube、ニコニコ動画、Hulu等)の視聴やネットサーフィン、ゲームアプリをするくらいならほとんど問題なく使えるます。

夕方から夜の時間帯にテザリングをしてノートパソコンを使う人やアプリのダウンロードをよくする場合は、速い通信速度が重要になってくるのでOCN モバイル ONEはあっていません。それ以外の一般的な使い方をしている人にとっては、OCN モバイル ONEの通信速度で十分満足すると思います。

OCN モバイル ONEでも普通の使い方なら普通に使えますが、平日の昼の時間帯の超遅い通信速度を避けたい場合は、昼の時間帯でも速度が出るUQ mobileNifMoを選んだほうが良いと思います。

OCNモバイルONEは格安SIMでシェアトップですが、質がよいから1位になっているというのではなく、販売力が一番あるためシェアトップになっています。

他のおすすめの格安SIMカード

  • DMM mobile
    • データ量の選択が豊富で月額料金も最安値です。通信速度も速くバースト機能もできます。
  • IIJmio
    • MVNO業界シェア2位。信頼性が高くバースト機能もあります。価格破壊のパイオニアです。
  • 楽天モバイル
    • 通信速度は普通ですが楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンをいつもやっています。楽天市場を使う人なら楽天モバイルが一番おすすめの格安SIMになります。通話SIMを申し込むと楽天市場での買い物でもらえるポイントがずーと2倍になります。(2015年10月6日以降に申し込む場合は、通信速度が速くなっています)
  • U-mobile
    • 大量のデータを安く使いたいならU-mobileのLTE使い放題が一番おすすめです。月額2480円で毎日2時間動画を見たり、音楽ストリーミングサービスを4,5時間聴いたり、テザリングでパソコンを使ったりするのに適した万能型の格安SIMになっています。
↑このページの先頭に戻る