OCN モバイル ONEの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

最終更新日 / 作成日 2015年3月29日 / 作成者 格安SIMの管理人

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

MVNO業界でシェアトップの一つがOCN モバイル ONEの格安SIMです。知名度は抜群ですが、他の格安SIMと比べて月額料金はそれほど安くなく通信速度も平凡です。通常月額300円かかる050plusをOCNの音声通話付きのSIMの場合は無料、データ専用SIMの場合は半額で利用できます。

200kbps(実測230kbps)の低速モードが無制限に使えるので、インターネットラジオのradikoやYoutubeの動画を聞き流したい場合にオススメの格安SIMになっています。

公式サイト → OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEのおすすめポイント(メリット)

  • 200kbpsの低速モードが無制限で使える(実測230kbps)
  • 初期費用が安い (300円〜1200円くらい)
  • スマホとセットで買うと、初期費用がタダ
  • 初月無料で、初月にプラン変更可能
  • 050plusが安く使える
  • 口座振替での支払いに対応

OCN モバイル ONEの注意点(デメリット)

  • 月額料金が他の格安SIMと比べて少しだけ割高
  • 通信速度は普通レベル

OCN モバイル ONEの格安SIMプランと月額料金

月額料金データ容量
110MB/日コース900円110MB/日
170MB/日コース1380円170MB/日
3GB/月コース1100円3GB
5GB/月コース1450円5GB
10GB/月コース2300円10GB
500kbpsコース1800円15GB

音声対応:+700円/月 (SMS対応含む)
データSIMのSMS対応: +120円/月

その他にかかる費用
初期工事費用(パッケージ費用) 3000円 (実際には300円〜1200円程度になります)
音声対応SIMを6ヶ月以内に解約した場合は解約違約金8000円がかかる。

SIMサイズの変更/追加 音声対応通話SIM3000円、データ通信専用SIM1800円
(参考記事:格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM)

データ容量を複数のSIMカードでシェアする場合、追加するSIMカードごとに月450円がかかる。

オプションについて
・留守番電話サービス 300円/月 (→無料で使える留守番電話の設定の仕方)
・キャッチホン 200円/月
・050 plus 300円/月
・OCNでんわの5分かけ放題オプション 850円/月
・あんしん保証 500円/月 (音声通話SIMのみ対応)
・グーの端末補償 430円/月 (格安スマホとセット購入した場合)
・マイセキュア 250円/月
・マイポケット プラス 500円/月

通話料金 30秒20円
・OCNでんわを使うと通話料金が30秒10円
・050plusを使うと固定電話3分8円、携帯電話1分16円になります。

オプションの月額850円のOCNでんわの5分かけ放題オプションを申し込むと、5分以内の国内通話がかけ放題、1回5分超過後の通話料金は30秒10円になります。

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限される。

OCN モバイル ONEの評価と他の格安SIMとの比較

OCN モバイル ONEは古くからあるMVNOで格安SIMでもシェアトップの一つです。ちなみに、シェアトップはOCNモバイルONEとIIJmio、楽天モバイルの三つ巴になっています。これにUQ mobileが怒涛の攻勢をかけているのが、最近の情勢です。

多くのCMにより知名度が抜群でユーザを増やしている反面、通信速度は普通レベルで、月額料金が少し高いのという弱みがありますが、低速モードが無制限で使えて実測も速いこと、格安スマホとセットに買うと初期費用が無料になること、月額料金が初月無料で初月でもプランを変更できるというのが強みになります。

通信速度は普通レベル

OCNモバイルONEの実際に出る通信速度は、格安SIMの中でも普通レベルです。速いというわけでもなく、遅いというわけでもなく、格安SIMとしては普通の通信速度が出ます。

格安SIMの場合、時期によって大幅に遅くなったり、通信速度が改善されたりしますが、OCNモバイルONEの場合は通信速度のブレが少ないです。

普通レベルの通信速度のOCNモバイルONEでも、一般的な使い方なら普通に使うことができます。ヘビーユーザやビジネス用途によっては平凡な通信速度が原因でストレスになる場合があります。全員が満足するというまでにはいきませんが、普通に使う分には普通に使える程度の通信速度が出ているのがOCNモバイルONEの格安SIMです。

テザリングでノートパソコンを使ったりする場合も、普通レベルの通信速度では速度が不十分になる場合が多いので、比較的速い速度が出る格安SIMを選ぶことをおすすめします。

速度面での注意点は、OCNモバイルONEだと平日の夜のアプリのダウンロード速度がかなり遅くなることです。

これはOCNモバイルONEだけではないのですが、格安SIMの約半数はアプリのダウンロード速度を制限しています。ファイルのダウンロード速度も抑えている場合があるので、ゲームアプリの更新データのダウンロードが遅い場合があります。

これを避けたい場合は、格安SIMの選択肢は少なくなり、IIJmioとIIJmio系(エキサイトモバイルイオンモバイル、DMM mobile)、それと通信速度最強のUQ mobileを選ぶ必要があります。

格安SIMの実際に出る通信速度は時期により変動することがよくあります。OCNモバイルONEや他の格安SIMの実際に出る通信速度の最新情報は格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録に掲載しているので参考にしてみてください。

OCNモバイルONEの格安SIMの説明動画

「格安SIMって何?」みたいな場合は、OCNモバイルONEで短い動画を作って説明しているので少し参考にしてみてください。

OCNモバイルONEの音声通話SIMの説明動画(再生時間1分30秒)

OCNモバイルONEのデータSIMの説明動画(再生時間1分58秒)

超ざっくり説明すると、格安SIMを使うと月々のスマホ代が3分の1くらいになります。普通の人は音声通話SIMを使います。データSIMは格安SIMをちょっと試してみたい人や、タブレットで使う場合が多いです。

上記の説明動画は少し簡略化しすぎているので、もっと詳しく知りたい場合は下記を参考にしてみてください。

OCNモバイルONEの最大の強み、低速モードが格安SIMの中で最も優秀

OCNモバイルONEの最大の強みは、200kbpsの低速モードが無制限で使えて、切り替えアプリもあり、実測も230kbps出ることです。

低速モードを重視する場合、OCNモバイルONEが最優先で検討すべき格安SIMに早変わりします。

低速モードの使い所は、radikoとYoutubeです。radikoの場合は100kbpsも出ていれば普通に聴くことができますが、Youtubeの最低画質(144p)の場合、200kbpsでも比較的途中で止まってしまいます。

OCNモバイルONEの低速モードだけが230kbpsくらい出るので、144pのYoutubeを普通に聞き続けることができます。(144pの動画の画質は最悪なので、音声や音楽を聴くのが中心になります)

200kbpsの低速モードが使える格安SIMとradikoへの対応状況
Youtubeの視聴に必要な通信速度とデータ量&Youtube向けのオススメの格安SIM

低速モードを重視する場合はOCNモバイルONEを検討してみてください。逆に、低速モードを使いそうもない場合は、OCNモバイルONEを選ぶメリットはほとんどないです。他の月額料金が少し安くて、高速データ通信が比較的速い格安SIMにした方が良くなります。

OCNモバイルONE以外で優秀な低速モードを挙げるとしたら、UQ mobileのおしゃべりプランです。5分かけ放題が強制的に付いてくるプランなので、全員にあっているプランというわけではありませんが、低速モードでも300kbps出ます。300kbpsならYoutubeの低画質(240p)の動画を止まらずに見ることができます。

UQ mobileのぴったりプランとたっぷりプラン(おしゃべりプラン)の詳細まとめ

OCNモバイルONEなら初期費用が安く、格安スマホとのセットなら初期費用無料

格安SIMや格安SIMとスマホのセットを購入する場合、初期費用で3000円かかります。

OCNモバイルONEなら格安SIMのみの場合は初期費用が300円〜1200円、スマホのセットなら初期費用が無料になります。

OCNモバイルONEの公式サイトの初期費用の記載が不明瞭な点があるのですが、通常3000円かかる初期費用(初期工事費用/パッケージ費用/事務手数料と呼んだりもします)が、下記の公式サイトからだと格安SIMのみの場合は300円〜1200円、スマホのセットなら初期費用が無料になります。

別に公式サイトじゃなくても割引されたりスマホセットで無料になったりしますが、販路がごちゃごちゃしているので、とりあえず公式サイト基準で説明します。

公式サイト → OCNモバイルONE

公式サイトの下まで行くと、Amazonで購入する場合と、NTTコムストアで購入する場合がでてきます。Amazonで購入する方を選べば、格安SIMだけなら初期費用が300円〜1200円になります(時期により費用が変わります)。NTTコムストアだと3000円になります。

公式サイトの「格安スマホの購入はコチラから」というボタンをクリックすると、OCNモバイルONEの格安SIMとセットで購入できる格安スマホが出てきます。格安スマホを購入すると無料で格安SIMが付いてくるので、格安SIMの初期費用が無料になります。

050 plusのIP電話の月額料金が無料(データSIMの場合は半額)

050 plus(IP電話)の特徴
月額料金 300円
固定電話への発信 8円/3分
携帯電話への発信 16円/1分

050 plusを申し込むと、050から始まるIP電話番号がもらえて、その電話番号から固定電話や携帯電話(スマホ)へ電話をかけたり電話を受けたりすることができます。

IP電話は通常の電話よりも音質が少し悪くなり、音が少し遅れて聞こえる場合がありますが、IP電話の中では050 plusが最も品質に定評があります。

OCNモバイルONEの音声通話SIMを使う場合は、050 plusの月額料金300円が無料になります。データSIMなら半額の150円で使うことができます。ONEモバイルONEの月額料金が他の格安SIMよりも少し高いのは、おそらくこれが原因です。

OCNモバイルONEの月額料金の中に050 plusの月額料金が潜んでいるので、その分、他の格安SIMよりも少し割高になっているんだと思います。OCNモバイルONEの場合、低速モードを重視する場合や、050 plusを使おうと思っている場合は、月額料金の割高さがなくなる感じです。

ちなみに、050のIP電話をプランの中に組み込んでいるのは、OCNモバイルONE以外だと楽天モバイルくらいになります。

楽天モバイルの050データSIM
固定電話への発信 約3.4円/1分
携帯電話への発信 約11.1円/1分

OCNモバイルONEの050 plusよりも少し安いです。050データSIMの場合は050のIP電話自体には月額料金はありません。

月額850円で5分かけ放題のOCNでんわのメリットとデメリット

OCNモバイルONEでは他の格安SIMよりも遅れましたが、月額850円のオプション料金を払うことで5分以内の国内通話をかけ放題ですることができるようになりました。

オプション料金 月額850円
・1通話5分まで日本国内通話は回数無制限
・5分を超えた分は30秒10円

UQ mobileのおしゃべりプラン(ただし5分を超えた分は30秒20円)、楽天モバイル(月額850円)、DTI SIM(月額780円、ただし5分を超えた分は30秒20円)、IIJmio(月額830円)、FREETEL(月額840円)でも同じように5分かけ放題のサービスを提供しています。

OCNモバイルONEも含めて上記の格安SIMの5分かけ放題は通話品質も通常の携帯電話とほとんど同じです。BIGLOBE SIMの3分かけ放題とNifMoの通話定額は海外サーバーを経由するため、固定電話へは番号通知されなかったり、音声が少し悪い可能性があるので注意が必要してください。

短い電話をちょくちょくかける場合、5分かけ放題がおすすめです。

ただ、OCNモバイルONEの場合、5分かけ放題を申し込むと050Plusがほぼ無意味になります。

OCNモバイルONEは050plusの月額料金が無料で使えますが、その分OCNモバイルONEの月額料金が少し高くなっています。5分かけ放題を申し込むと、050plusを使うことはほとんどなくなるので、050plusが付いている分だけ割高な格安SIMになってしまいます。

OCNモバイルONEはさっさと050plusをオプション化して外せるようにできれば、無駄なく使えるのですが・・・。OCNモバイルONEで5分かけ放題を申し込む場合、050plusの存在がデメリットになります。

無料の公衆無線LANについて

OCNモバイルONEでは2016年3月31日まで無料で公衆無線LANを使うことができましたが、3月31日以降も無料で公衆無線LANが使えるようになりました。

OCNモバイルONEユーザなら全国にある約82,000ヵ所ある公衆無線LANを無料で使うことができます。ざっくり言うと、セブンイレブンやローソンなどで使うことができます。

一見すると嬉しいサービスですが、実際の所かなり几帳面な人やヘビーユーザくらいしか使いません。例えば、アプリをダウンロードするからセブンイレブンに行こう!みたいなことができる人には良いかもしれません。

申し込みをして設定して、1回試して満足して、それから使わないまま・・・、みたいなことになる可能性は高いです。

さらに、OCNモバイルONEを契約していなくても無料でWi-Fiが使える方法があります。OCNモバイルONEで使えるWi-Fiスポットは全国8万カ所くらいですが、誰でも無料で使えるWi-Fiスポットは全国13万カ所あります。詳細は下記を参考にしてみてください。

誰でも使える格安SIMと格安スマホのための無料のWi-Fiの使い方

選ぶなら月コース

OCN モバイル ONEには110MB/日や170MB/日コースがありますが、このコースはオススメではありません。

容量が少し大きなアプリ(特にゲームアプリ)を1つダウンロードしたりアップデートするだけで、1日で使えるデータ容量を使い切ってしまったり、悪い場合は足りなくなったりします。日コースの場合でも1日分のデータ容量を繰越することができますが、それでも厳しい場合があります。

月額料金が安いからといって日コースを選ぶと後悔します。素直に3GB/月コースや5GB/月コース、または10GB/月コースを選んだほうがいいです。

500kbps(15GB)コースは動画を長時間見るためのコース

OCNモバイルONEには通信速度が500kbpsで月15GB使えるコースがあります。この500kbpsというのはYoutubeで普通画質(360p)なら再生途中であまり止まらずに見ることができるレベルの通信速度です。

普通画質(360p)はスマホで見る分には十分な画質です。タブレットで見ると粗さが少し目立つようになって、パソコンで見ると荒い画質になります。

Youtube以外にも、ニコニコ動画やHulu、Netflixなどの場合も、スマホの普通画質程度なら動画をほとんど止まらずに見ることができます。

通信速度が500kbpsの場合、一番苦手なのがアプリのダウンロードやアップデートです。普通のコースよりも5,6倍は時間がかかってしまいます。例えば一般的なアプリは50MBくらいですが、これをダウンロードするのに13分くらい時間がかかってしまいます。サイトを見るときも500kbpsだと一般的な高速通信と比べると体感できるくらい読み込みが遅れます。

15GBコースは基本的にスマホで動画を長時間見るためのコースです。1日2時間程度(1ヶ月60時間)ならデータ容量を超えることなく使うことができます。

Youtube等の動画をたくさん見たい場合で、なおかつ快適にWebサイトを見たり、アプリを素早くダウンロードしたい場合は、もはや格安SIMではどうにもなりません。WiMAX2+を検討することを強くオススメします。

UQ mobileの無制限プランなら500kbpsで月最大60GB使える!

OCNモバイルONEの500kbpsコースは月額1800円で15GB使うことができますが、UQ mobileのデータ無制限プラン(500kbps)なら月額1980円で月最大60GB使うことができます。

UQ mobileの場合、3日間で6GB超のデータ通信をすると翌日速度制限になるので、無制限プランの場合は実質的に月最大60GBが上限になります。

OCNモバイルONEと比べるのUQ mobileの無制限プランの安さが際立っています。3日間で6GBですが実質無制限といっても差し支えありません。500kbpsのスピードで1日2GB使うには、Youtubeの動画を9時間くらい見る必要があります。普通のWebサイトは1ページ1MBくらいなので、1000ページ見てようやく1GBです。

UQ mobileの無制限プランは速度こそ500kbpsに制限されていますが、動画も普通に見れるし(再生途中で多少止まります)、サイトも少し読み込みの遅さを感じるかもしれませんが、案外普通に使えたりします。

スマホで気軽に動画を見たり音楽ストリーミングサービスを使ったり、サイトを見たり、UQ mobileの無制限プランならデータ量を気にせずに使えます。

参考:Youtubeの視聴に必要な通信速度とデータ量&Youtube向けのオススメの格安SIM

口座振替での支払いに対応している

OCN モバイル ONEは格安SIMの中では珍しく音声SIMとデータSIMの両方とも口座振替での支払いに対応しています。口座振替時の手数料も発生しません。非常に良心的な対応をしています。

口座振替での支払いをするためには、OCNモバイルONEに電話をかけて口座振替の書類を郵送してもらってそれを書いて出す必要があります。おそらく1ヶ月くらい時間がかかりますが、クレジットカードやデビットカードがない場合は、OCNモバイルONEでの申し込みがほとんど唯一の方法になります。

ちなみにBIGLOBEの場合はデータSIMのみ口座振替に対応していますが振替手数料に毎回200円取られてしまいます。

楽天モバイルでも口座振替に対応

楽天モバイルでも口座振替での支払いを受け付けるようになりました。振替手数料に毎回100円かかりますが、楽天モバイルの方が月額料金が少し安いのでトータルで五分五分くらいです。

OCNモバイルONEとは異なりネット経由で普通に申し込むことができます。手続きもクレジットカードで支払う場合とほとんど変わらず、4〜5日程度で格安SIMが届きます。

クレジットカードがない場合、現状だとOCNモバイルONEと楽天モバイルが選択肢なります。

月額料金の支払いはクレジットカードがオススメの理由

OCNモバイルONEの場合、銀行の口座振替でも料金の支払いをすることができるのですが、デメリットが2つあります。

一つは手続きに時間がかかることです。支払いにクレジットカードを使えば2,3日で格安SIMが届いて使えるようになりますが、支払いに銀行の口座振替を選ぶと手続きに時間がかかって格安SIMが届くのに1ヶ月くらい時間がかかります。

二つ目はクレジットカードで支払えば1%のポイントバックを受けることができることです。例えば格安SIMで月2000円の月額料金を支払うと20円相当のポイントがもらえます。大した金額ではありませんが、自動的にポイントが貯まっていくので、地味にお得です。

クレジットカードを使うデメリットは、クレジットカードの不用意な使いすぎだと思いますが、クレジットカードがあろうがなかろうがお金遣いが荒い人は、お金遣いが荒くなります。普通の金銭感覚を持っていれば、別にクレジットカードを使っても問題ないです。逆にポイントがもらえるので節約できます。

クレジットカードを持っていない場合、ポイント還元率の高い楽天カードを申し込んで支払いに使うのがお勧めです。100円の支払いにつき1ポイントの楽天ポイントがもらえます。(楽天カードは審査が一番優しいクレジットカードなので、ほとんどの人はクレジットカードの審査に通ると思います)

楽天カードの詳細と申し込みはこちらから → 楽天カード

初月無料で初月中にプランの変更ができる

OCNモバイルONEの場合、初月の月額料金が無料になるのに加えて、初月中にプラン(データ量)の変更手続きを行えば、翌月からそのデータ量が適用されます。(オプション料金や端末の分割代金、通話料金などは無料にはなりません)

初月無料になる格安SIMはそこそこありますが、初月中にプランを変更できるのはOCNモバイルONEとNifMoくらいです。

例えば、最初に10GB/月コース(月2300円)を申し込んで、格安SIMが届いたら3GB/月コース(月1100円)に変更すれば、初月は無料なので2300円がタダになり、翌月から月1100円の月額料金が適用されるようになっています。

ちなみに、初月中に解約すると初月の月額料金が無料にはならず、10GB/月コースなら2300円がかかってしまうので注意してください。すぐ解約しようと思っている場合でも、SIMカードが届いた翌月に解約手続きをとりましょう!

楽天モバイルやロケットモバイルなどは、初月無料ですが初月中にプラン変更できないので、欲張って無駄に大容量のプランを選ぶと、翌月その大容量のプランの月額料金を支払う羽目になります。

初月になる月はアクティベーションをした日の月

OCNモバイルONEをAmazon経由で購入した場合や、格安スマホとセットで購入した場合、格安SIMカードにはアクティベーションコードが付いて届きます。そのアクティベーショコードを入力して格安SIMを有効にした日の月が初月になります。

データSIMの場合はアクティベーションコードと一緒に実物(SIMカード)が入っていますが、音声通話SIMの場合はアクティベーションコードだけが届きます。音声通話SIMは、アクティベションコードを入力した後に、2〜3日する格安SIMカードが届くようになっています。この場合でも、アクティベーションコードを入力した日の月が初月になります。

データの繰越は可能、ただしデータ量の変更をする場合に少し注意が必要

大半の格安SIMと同じようにOCNモバイルONEでも月コースなら余ったデータ量を翌月に繰り越すことができます。(日コースだと1日分だけ翌日に繰越せます)

注意点は月コースから日コースへ変更する場合、前月の余ったデータ量は翌月の1日しか有効期限がありません。例えば10GB/月コースを使っていて6GB余っていた場合で、翌月に110MB/日コースに変更した場合、翌月1日は6.11GBから始まりますが、2日には前月の6GBの有効期限が切れて、最大でも110MBが繰り越されるだけになります。

10GB/月コースから3GB/月コースへ変更する場合は、例えば6GB余っていた場合でも、翌月は6GBが繰り越されて、翌月いっぱいかけて6GBを使うことができます。

OCNモバイルONEのまとめ

初月無料や、050plusの月額料金が無料または半額で使えること、初期費用が安くなることは、オマケレベルなので、選ぶ決め手にはなりません。

OCNモバイルONEは200kbps(実測230kbps)の低速モードをたくさん使おうと思っている場合に最優先に検討すべき格安SIMになります。インターネットラジオのradikoやYoutubeの144pの動画を気ままに聴き流したい場合に、OCNモバイルONEが最善になります。

逆に低速モードを使うことがほとんどなさそうな場合は、OCNモバイルONEよりも月額料金が少し安くて、高速データ通信の実際に出る通信速度が比較的速い格安SIM(エキサイトモバイルやNifMo、mineo、UQ mobile等など)を選ぶのをオススメします。

OCNモバイルONEの格安SIMの申し込みはこちらから → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの申し込みやSIMカードの設定に不安がある人は下記を参考にしてみてください。

OCNモバイルONEのデータSIM(月額1100円)の申し込みから設定までの全て

OCNモバイルONEのキャンペーン情報

2017年4月30日まで音声対応SIMを申し込むと月額料金が2ヶ月間700円引きのキャンペーンを行なっています。

このキャンペーンに加えて、2017年4月30日までに音声対応SIM(通話SIM)もしくはデータ通信専用SIM(データSIM)を申し込んだ場合は、1年間、日次コースなら1日50MB、月次コースなら月1GBのデータ量が増量になります。

音声対応データ通信専用データ量
110MB/日コース900円900円110MB+50MB/日
170MB/日コース1380円1380円170MB+50MB/日
3GB/月コース1100円1100円3GB+1GB
5GB/月コース1450円1450円5GB+1GB
10GB/月コース2300円2300円10GB+1GB
500kbpsコース1800円1800円15GB+1GB

OCNモバイルONEの初月の月額料金は無料なので、音声対応SIMの月700円の割引は翌月から2ヶ月間適用されます。その後は音声対応SIMの月額料金は上記の月額料金+700円になります。

使えるデータ量は1年間増量されて、その後に通常のデータ量に戻ります。

申し込みに必要なものとMNPについて

OCNモバイルONEの場合、支払い方法にクレジットカードと口座振替を選ぶことができます。クレジットカードで支払う場合は本人名義のクレジットカードが必要になります。口座振替の場合は本人名義の銀行口座と申し込み用の書類が必要になります。

音声対応SIM(通話SIM)を申し込む場合は、本人確認書類も必要になります。他社からMNPをする場合は、MNP予約番号が必要になります。ここで、一つ一つ必要なものを説明していきます。

本人名義のクレジットカードまたは銀行口座

OCNモバイルONEを申し込む場合は、クレジットカードで支払う場合は本人名義のクレジットカード、口座振替で支払う場合は本人名義の銀行口座と申込書類が必要になります。

OCNモバイルONEの格安SIMまたは格安スマホを購入するところがたくさんあり、手続きの仕方が異なったりするので、どの時点で必要になるかは言えないのですが、クレジットカードで支払う場合は最終的にはクレジットカード、または銀行口座と申込書類が必要になります。

OCNモバイルONEの場合、口座振替での申し込みは相当面倒なことになるので、基本的にはクレジットカードで申し込むことを強くオススメします。どうしても口座振替にする必要がある場合は、口座振替の場合でも手続きが簡単な楽天モバイルがオススメです。

(子供名義のスマホをOCNモバイルONEで使おうと思っている場合、未成年だと契約できないので、まずはスマホを親名義に変更して、親名義のクレジットカード、またま銀行口座で申し込む必要があります)

すでに自分のクレジットカードを持っていればそれを使えばいいです。クレジットカードを持っていない場合は、ポイント還元率の高い楽天カードを申し込んで支払いに使うのがお勧めです。100円の支払いにつき1ポイントの楽天ポイントがもらえます。(楽天カードは審査が一番優しいクレジットカードなので、ほとんどの人はクレジットカードの審査に通ると思います)

楽天カードの詳細と申し込みはこちらから → 楽天カード

音声対応SIM(通話SIM)やMNPをする場合は、本人確認書類が必要

音声対応SIM(通話SIM)を申し込む場合やMNPをする場合は本人確認書類が必要になります。(データSIMまたはSMS付SIMを申し込む場合は、本人確認書類は必要ありません)

本人確認書類の提出する地点も購入する場所で変わってきますが、最終的にはどこかの地点で必要になるので用意しておきます。

本人確認書類の下記の1点
運転免許証、健康保険証、日本国パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)、在留カード、船員保険の健康保険証、障害者手帳、特別永住者証明書、届出避難場所証明書

本人確認書類に記載の住所と現在の住所(現住所)が異なる場合は下記の補助書類1点
現住所の記載がある公共料金領収書、現住所の記載がある住民票

本人確認書類の提出方法は、画像をアップロードする方法と格安SIMの受け取り時に本人確認書類を見せる方法(配送時本人確認)があります。

一般的な方法はアップロードする方法です。

本人確認書類をスマホやガラケー、デジカメなどで撮ったり、スキャナーでスキャン等して申し込み時にその写真をアップロードできるように準備しておきます。

配送時本人確認はMNPをする場合は使えません。本人確認書類に健康保険証を使う場合は補助書類が必要になります。加えて、家族が代わりに受け取るなどはできません。本人が直接受け取る必要があります。支払い方法はクレジットカードのみになります。口座振替ではできません。

配送時本人確認は色々注意事項が多すぎて面倒なことになる可能性が高くなるので、基本的には画像をアップロードする方法を選ぶことをオススメします。

本人確認書類に記載されている氏名と住所が、申し込みするときに入力する氏名と住所が異なると申し込みがキャンセルされます。加えて、クレジットカードの名義(または銀行口座の名義)も同じものである必要があります。

MNPをする場合は、MNP予約番号が必要

今まで使っているガラケーやスマホの電話番号をそのままOCNモバイルONEでも使いたい場合は、MNPの手続きが必要になります。必要なのは現在契約中のキャリア(ドコモやau、ソフトバンク等)に電話をかけて、MNP予約番号をもらうだけです。

OCNモバイルONEの申し込み中に、そのMNP予約番号を入力する画面が出てくるので、もらったMNP予約番号を入力すれば、OCNモバイルONEでも今まで使っていた電話番号をそのまま使うことができるようになります。

注意点は、ガラケーやスマホの名義とOCNモバイルONEを申し込む氏名が異なる場合は、MNPで失敗してひどいことになることです。ガラケーやスマホの名義がOCNモバイルONEを申し込む人と異なる場合は、同じようになるようにどちらかを変更する必要があります。

下記で各キャリアからのMNPの仕方を詳しく説明しているので参考にしてみてください。

OCNモバイルONEの音声対応SIM(通話SIM)の場合、MNPでの申し込みが複雑になっているので注意してください。

Amazonなどで申し込むと音声対応SIMが入っていないパッケージが届きます。そのパッケージが届いてから、MNP予約番号を発行してもらいます。届く前にMNP予約番号を発行してしまうと、MNP予約番号の有効期限の問題が出てくる場合があるので、必ずパッケージが届いてからMNP予約番号を発行してもらいましょう。MNP予約番号の有効期限の入力も必要になるので、有効期限も聞いてメモっておきましょう。

パッケージにアクティベートコードなどの記載があるので、そのアクティベートコードを使い申し込みを行います。その申し込みの最中にMNP予約番号を入力する箇所が出てきます。

申し込みが完了すると、2〜3日で格安SIMが届きます。

OCNモバイルONEの場合は、この時点でも今まで使っているガラケーやスマホが使えるようになっています。

格安SIMが届いたら、同封されている書類の説明に従って利用開始の手続きを行います(この時にMNP予約番号の有効期限の入力が必要になります)。この手続きを行うと今まで使っていたガラケーやスマホが使えなくなります。10時~18時までに利用開始の手続きを行うと、2時間程度で格安SIMが使えるようになります。

その格安SIMを用意したスマホに入れれば、電話が使えるようになり、書類の説明に従ってAPNの設定を行えばネットが使えるようになります。

OCN モバイル ONEで買えるおすすめの格安スマホセット

※ 格安スマホに関する最新情報は格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)で記載しています。基本的に正しいのは最新情報のほうです。最新情報を合わせて格安スマホの購入の参考にしてみてください。

スマホとセットで購入すると音声SIMとデータSIMが無料!

OCNモバイルONEで格安スマホを買うと音声SIMまたはデータSIMが無料で付いてきます。

OCNモバイルONEのSIMカードを単品で買っても300円から1200円くらいしかかからないので、そこまでお得感があるというわけではありませんが、スマホをまだ持っていない場合で格安SIMがどんなものか試したい場合に、OCNモバイルONEのデータSIMを申し込んでみるのがオススメです。

音声対応SIMの場合は、半年以内に解約すると8000円の違約金がかかりますが、データSIMの場合はそういった違約金がないので、気楽に試すことができます。

OCNモバイルONEの実際に出る通信速度は普通レベルですが、OCNモバイルONEの速度で少し不満が出る程度なら、格安SIMでもやっていけます。音声対応SIMを契約する場合は、格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の比較記録から比較的速い通信速度の出る格安SIMを選ぶことをオススメします。

OCNモバイルONEの実際に出る通信速度でかなり不満に思う場合は、ほとんどの格安SIMでも不満に思います。唯一、UQ mobileが大手キャリア並みの超速い速度が出るので検討してみてください。(ただし、UQ mobileの場合、OCNモバイルONEと一緒に買った格安スマホの大半が使えないので注意してください)

格安スマホと格安SIMのセットの詳細と申し込みはこちらから → OCNモバイルONE

上記の公式サイトの「格安スマホのご購入はコチラから」というボタンから、 格安スマホを購入するとOCNモバイルONEの格安SIMが無料で付いてくる格安スマホの機種が表示されます。

時期によって販売している格安スマホが変わってきますが、gooのスマホ g07/g06/g05/g04、ZenFone 3、AQUOS mini SH-M03、arrows M03、P9liteなど多数揃っています。

その中でもオススメの格安スマホを下記で紹介します。

おすすめNo.1:gooのスマホ g07、DSDS対応のコスパの非常に良い5.5インチスマホ

gooのスマホ g07

gooのスマホ g07 + OCNモバイルONEの格安SIM付き
価格:1万9800円 (税込2万1384円)

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.5GHz/1.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ150グラム、電池容量3000mAh、指紋認証対応、デュアルSIM(ナノSIMx1、マイクロSIMx1、DSDS対応)、Android 6(Android 7へのアップデート可)、USB Type-C対応、FOMAプラスエリアにも対応

g07は2016年12月14日に発売された5.5インチスマホでDSDSにも対応しています。DSDS対応スマホで一番安く買えるのに加えて、CPUの性能もそこそこ高性能で、RAMも3GB、ROMも32GBある、コスパがとても良い格安スマホになっています。

5.5インチスマホを検討している場合や、DSDS対応スマホを検討している場合は、g07を最優先に検討してみることをオススメします。

このサイトでもg07を購入予定で、2017年1月上旬には詳細レビューを掲載する予定です。

g07と格安SIMのセットの詳細と申し込みはこちらから → OCNモバイルONE
「格安スマホのご購入はコチラから」というボタンからg07の詳細ページへ進むことができます。

おすすめNo.2:Huawei P9 lite、バンスと性能が良い人気スマホ

P9 lite

Huawei P9 lite + OCNモバイルONEの格安SIM付き
価格:2万3800円 (税込2万5704円)

性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.0GHz/1.7GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ147グラム、電池容量3000mAh、連続待受LTE610時間、指紋認証対応、ナノSIM、Android 6、FOMAプラスエリアにも対応

2016年6月17日に発売されて、12月現在でも、最も人気のある格安スマホの一つがP9liteです。

人気の理由は、税込2万5000円程度で買えて、この価格帯で買える格安スマホの中で性能が最も良いからです。

特にCPUの性能は2万円〜3万円の格安スマホの中で最も良いです。電池も大容量で省エネにも優れているので、電池持ちはかなり良いです。加えて、反応が素早い指紋認証を搭載しています。カメラの質も、格安スマホの中では上位クラスになっています。

P9liteと格安SIMのセットの詳細と申し込みはこちらから → OCNモバイルONE
「格安スマホのご購入はコチラから」というボタンからP9liteの詳細ページへ進むことができます。

Huawei P9 liteのスペックと評価と評判のまとめ

おすすめNo.3:ZenFone 3、人気トップ、性能が良い5.2インチのDSDS対応スマホ

ZenFone 3

ZenFone 3 + OCNモバイルONEの格安SIM付き
価格:3万9800円 (税込4万2984円)

性能 性能 5.2インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ144グラム、電池容量2650mAh、連続待受LTE493.6時間、指紋認証対応、デュアルスタンバイ対応(ナノSIM+マイクロSIM)、Android 6、FOMAプラスエリアにも対応

格安スマホで最も人気があるのがZenFone 3です。5.2インチという手頃なサイズで、高性能で省エネタイプのCPUとRAM3GB、ROM32GBを搭載した高性能なスマホになっています。見た目も良く、素早い指紋認証にも対応していて、DSDSにも対応しています。

DSDS対応スマホならg07が安くて良いのですが、より良い性能のDSDS対応スマホが良い場合に、ZenFone 3を検討する感じになります。

ZenFone 3はドコモ系の格安SIM(OCNモバイルONE等)に加えて、UQ mobileなどのau系の格安SIMでも使うことができます。

ZenFone 3と格安SIMのセットの詳細と申し込みはこちらから → OCNモバイルONE

ZenFone 3のスペックと評価と評判のまとめ

おすすめNo.4:防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応の格安スマホ、arrows M03

arrows M03

arrows M03 + OCNモバイルONEの格安SIM付き
価格:3万2800円 (税込3万5424円)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ141グラム、電池容量2580mAh、連続待受LTE640時間、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応、ナノSIM、Android 6、FOMAプラスエリアにも対応

大ヒットしたarrows M02の新モデルがarrows M03です。arrows M02との違いは、電池持ちが1割良くなって、カメラの性能がアップして、ワンセグにも対応した点です。

電池持ち良し・防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応と、隙のない構成をしています。スマホを便利に使いたい一般ユーザにオススメの格安スマホです。

arrows M03はドコモ系の格安SIM(OCNモバイルONE等)に加えて、UQ mobileなどのau系の格安SIMでも使うことができます。

arrows M03と格安SIMのセットの詳細と申し込みはこちらから → OCNモバイルONE

arrows M03のスペックと評価と評判のまとめ

選べるオプションは基本的に全て不要

OCNモバイルONEにはオプションサービスが色々ありますが、基本的に全部不要です。050 plus、またはOCNでんわの5分かけ放題オプションくらいが有用な人がいると思いますが、それ以外は必要なしか無料の代替手段があったりします。

ここでは、OCNモバイルONEのオプションについて少し詳しく説明していきます。

音声対応SIMカード(通話SIM)を申し込む場合に選べるオプションについて

下記が音声対応SIMカードを申し込む場合に選べるオプションです。(データ専用/SMS対応SIMカードでは申し込めません)

・留守番電話サービス 300円/月
・キャッチホン 200円/月
・OCNでんわの5分かけ放題オプション 850円/月
・あんしん保証 500円/月

留守番電話サービスは、無料で使える留守番電話の設定の仕方があるので、わざわざ月300円も払って留守番電話サービスを使う必要はありません。

キャッチホンは話し中に別の電話がかかってきたら電子音で知らせてくれて、今かけている電話を保留にしたまま、あとからかかってきた電話を受けられるサービスです。長電話をする場合に役に立ちますが、格安SIMで長電話をすると電話代が高額になりすぎるので長電話自体をしません。そのためキャッチホンも必要ありません。

OCNでんわの5分かけ放題オプションを申し込むと、5分以内の国内通話がかけ放題になり、1回5分を超えると超過分は30秒10円になります。短い電話をちょこちょこかける場合に有用なオプションで、割と人気があります。格安SIMには5分かけ放題以外にも電話代を節約する方法があるので、詳細は格安SIMの通話料金をできる限り抑える方法、半額でんわ、かけ放題、無料通話、050のIP電話、2台持ち、DSDSを参考にしてみてください。

あんしん保証について

あんしん保証は、他店で購入したスマホでも端末保証に入れるオプションです。月額500円で画面割れや水濡れによる故障も修理代金の上限5万円までカバーしてくれます。修理不能の場合は、1回目は4000円、2回目は8000円で代替品と交換してくれます。

このあんしん保証、必要かというとほとんど必要ありません。スマホの故障の原因はほとんどが落下による画面割れです。たまに水濡れがあるくらいです。落下による画面割れは、スマホを手帳型のケースに入れることでほとんど防ぐことができます。強化ガラスをディスプレイに貼ればさらに割れる可能性はほぼ皆無になります。

水濡れといっても、多少水がかかったくらいでは壊れません。水の中にどっぽんしなければほとんど壊れません。お風呂に持っていって、お風呂の湯気でスマホの基盤が腐食する可能性がありますが、この場合は、防水に対応しているスマホを選べば良いだけです。

あんしん保証に入るよりも、強化ガラスを貼ったスマホを少し高めの手帳型のケースに入れて使い、もしお風呂で使うような場合は防水スマホを選ぶのが経済的です。

全てのプランで申し込めるオプションについて

下記は音声対応/データ専用/SMS対応SIMカードの全てのプランで申し込むことができます。

・050 plus 音声対応SIMなら月額料金無料、データ専用/SMS対応SIMは150円/月
・マイセキュア 250円/月
・マイポケット プラス 500円/月
・グーの端末補償 430円/月 (格安スマホとセット購入した場合)

050 plusは通常300円の月額料金がかかりますが、音声対応SIMなら月額料金無料、データ専用/SMS対応SIMは150円/月で使うことができます。050のIP電話経由になりますが、固定電話への発信は8円/3分、携帯電話への発信は16円/1分で行うことができます。ただ、OCNでんわを使えば、通話料金は10円/30秒になるので、固定電話への発信は少し節約できますが、携帯電話への発信の場合はほとんど節約になりません。。今となってはあまりメリットのあるオプションではありません。

マイセキュアはスマホのセキュリティアプリです。スマホからウイルスやら何やらを防いでくれますが、無料で使える優秀なセキュリティアプリが多数あるので、わざわざ月250円も払う必要はありません。詳細はスマホのセキュリティとウイルス/盗難/紛失対策のセキュリティアプリを参考にしてみてください。

マイポケット プラスは128GBのオンラインストレージのサービスです。写真や動画などをネット上に保存することができます。不要です。オンラインストレージを使う人自体がそんなにいませんが、必要な場合はGoogle Driveなら15GBまで無料で使えて、100GBでも月230円($1.99)くらいなので、Google Driveがオススメです。マイポケット プラスなら格安SIMのデータ消費なしに保存できるメリットがありますが、相当酷使しないとお得度はほとんどありません。。

グーの端末補償について

グーの端末補償は、格安スマホとセットで格安SIMを購入した場合に選べるオプションサービスです。(あんしん保証は他店で格安スマホを購入して、OCNモバイルONEで格安SIMだけ申し込んだ場合に選べるオプションです)

グーの端末補償の月額料金が430円です。保証上限が4万円です。修理代や新品の端末代が4万円以下なら無料で修理または交換してくれます。保証上限の4万円を超える場合は、超えた分の差額が請求されます。

あんしん保証と同じことになりますが、グーの端末補償に入るよりも、スマホに強化ガラスを貼って、少し高めの手帳型のケースに入れて使うことをオススメします。これで故障はほとんど防げます。もしお風呂で使うような場合は防水スマホを選べば良いだけです。

グーの端末補償やあんしん保証は、スマホに強化ガラスやケースをつけない場合や、防水に対応していないスマホをお風呂で使う場合に検討するようなオプションになります。

OCN モバイル ONEのネットの評判

ネットでのOCN モバイル ONEの評判はあまり良くありません。というのも、ネットでは主に通信速度が評判を左右するためです。OCN モバイル ONEのように実際に困ることはあまりなくても他の速い格安SIMと比べて通信速度が遅いと評判が悪くなってしまいます。

ただし、OCNモバイルONEの低速モードは昔から定評があり、低速モードを良く使う場合は一番最初に挙げられるのがOCNモバイルONEです。一般的なユーザは低速モードをそんなに多用しないので、OCNモバイルONEは節約志向の強い玄人好みの格安SIMとも言えます。

OCNモバイルONEも他の格安SIMと同じように、平日の昼の時間帯(12時15分から50分)に通信速度がかなり低下します。夕方から夜の時間帯(18時から22時)にも通信速度が低下しますが普通画質の動画(Youtube、ニコニコ動画、Hulu等)の視聴やネットサーフィン、ゲームアプリをするくらいならほとんど問題なく使えます。

ただし、アプリやファイルのダウンロード速度は平日の昼と夜に制限しています。アプリやファイルのダウンロードを比較的まともに行いたい場合はエキサイトモバイルなどのIIJmio系の格安SIM、または通信速度最高のUQ mobileを検討してみてください。

OCNモバイルONEは基本的に低速モードをたくさん使うためにある格安SIMです。低速モードをあまり使わない場合は、OCNモバイルONEの魅力はほぼゼロになります・・。

OCNモバイルONEは格安SIMでシェア上位ですが、質がよいから上位になっているというのではなく、販路(販売力)が一番あるためシェア上位を維持している感じです。

OCNモバイルONEの公式サイト → OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでもiPhoneが使える

OCNモバイルONEでもiPhoneを使うことができます。

ドコモのiPhoneやSIMフリーのiPhone、SIMロックを解除したiPhoneを持っている場合は、OCNモバイルONEでナノSIMを申し込んでSIMを入れ替えれて構成プロファイルというのをインストールすれば、OCNモバイルONEの格安SIMでもiPhoneを運用することができます。

新しくiPhoneを買う必要もなく、今まで使ってきたアプリや、撮った写真、電話帳等、そのまま使い続けることができます。

SIMロック解除できないauのiPhoneはONCモバイルONEでは使えません。au系の格安SIMのUQ mobilemineoのauプランでauのiPhoneを使うことができます。(IIJmioのタイプAはSIMロック中のauのiPhoneは使えません)

iPhoneを持っていなかったり、SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneの場合は、新しくドコモのiPhoneを購入する必要があります。iPhoneというと価格が高いイメージがありますが、ドコモのiPhone 5sなら2万円くらいで買うことができます。

SIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneは格安SIMでは使えませんが、ドコモのiPhoneを買った後に今まで使っていたiPhoneを8000円くらいで売り払えば、実質1万円ちょっとの支出でiPhoneを使い続けることができます。iPhoneの場合データ移行も簡単なので、今まで使っていたアプリや撮った写真、電話帳などを新しいiPhoneに簡単に移し変えることができます。

少し難しかったり面倒な気がするかもしれませんが、実際にやってみると簡単に、そして安く格安SIMでもiPhoneを使い続けることができます。詳細に関しては下記に記載しているので参考にしてみてください。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

他のおすすめの格安SIMカード

  • エキサイトモバイル
    • 通信速度は比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制になっているので、簡単に一番安くすることができます。SIM3枚コースも安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使うことができる格安SIMになっています。
  • マイネオ
    • mineoはドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。家族割(月額50円引き)や複数回線割(月額50円引き)、その他、複数人で使う場合に便利なオプションが揃っています。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約する場合でも違約金がかからないので、ちょっと格安SIMを試してみたい人にもオススメです。
  • LINEモバイル
    • LINEモバイルはLINEをデータの消費なしに使うことができます。LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。そのほかTwitterやFacebook、Instagramのデータ消費もなしに使えるプランがあるので、これらのサービスを良く使う場合にオススメの格安SIMになっています。
  • 楽天モバイル
    • 通信速度は普通ですが格安スマホがとても安く買える割引キャンペーンをいつもやっています。楽天市場を使う人なら楽天モバイルが一番おすすめの格安SIMです。通話SIMを申し込むと楽天市場での買い物でもらえるポイントがずーと2倍になります。
↑このページの先頭に戻る