月に4GB以上使えるデータ専用の格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

高速データ通信が月4GB以上使えるデータ専用の格安SIMはスマホのヘビーユーザにお勧めです。一般的な使い方をする人は月3GBのデータ専用の格安SIMがおすすめです。

家にインターネットがない場合でYoutubeやニコニコ動画等の動画を毎日1時間以上見ていたり、アプリをダウンロードしまくっている場合、または家にインターネットがあっても外でスマホで動画をたくさん見ている場合に、月4GB以上の高速データ通信の容量が必要になります。

必要な高速データ通信容量の目安

  • 1時間のYoutubeやニコニコ動画等の視聴 200MBから300MBくらい
  • ゲームアプリのダウンロード 50MBから1GB (平均200MBくらい)
  • ゲームアプリのアップデート 数MBから100MB

例えば動画を毎日30分見るだけで月3GBの高速データ容量を消費します。ゲームアプリの場合、アプリのダウンロードは50MBくらいになりますが、初回起動時に追加ダウンロードで200MBぐらい追加でダウンロードが必要になる場合が多いです。画像がキレイな3Dを使ったゲームなどの場合、500MBから1GBくらい使うこともあります。

データ通信容量の目安の詳細は、データ通信量の目安、動画、アプリ、インターネットの使用量に記載してあるので参考にしてみてください。

月10GB超のデータ量が必要な場合は、無制限に高速通信が使えるデータ専用の格安SIMも参考にしてみてください。

月に4GB以上使えるデータ専用の格安SIMの比較のポイント

比較のポイントは月額料金と実際に出る通信速度とキャンペーンの有無になります。

格安SIM各社の最高の通信速度はどれも同じような数値ですが、実際に出る通信速度はかなり差があります。速い格安SIMと遅い格安SIMを比べた場合、10倍くらい差が出たりします。

速度が出やすい格安SIM (本当に必要な通信速度の話)

超速いUQ mobile
速いmineoのauプラン、NifMo、FREETEL
やや速いDMM mobile、IIJmio、イオンモバイル、DTI、mineoのドコモプラン
普通OCNモバイルONE
やや遅いU-mobile、BIGLOBE、日本通信 b-mobile、楽天モバイル、トーンモバイル
遅いぷららモバイルLTE

月3GBぐらいなら、やや遅い通信速度の格安SIMでも問題ないのですが、データ容量をたくさん使う場合は実際に出る通信速度がやや速い以上の格安SIMをおすすめします。動画を中心に見る場合はやや遅い速度の格安SIMでも問題ありません。アプリをダウンロードするときは普通レベルの通信速度の格安SIMだと遅さを感じることになります。

速度が出やすい格安SIMは変動する場合があるので、実際に出る通信速度の最新情報は格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録でご確認下さい。

格安SIMごとにキャンペーンをほとんどしなかったり、頻繁にキャンペーンを行っていたりします。キャンペーンがあるところは初月無料だったり、ポイントが付いたり、月額料金が一定期間割引があったりします。ちなみに楽天モバイルが一番キャンペーンに熱心です。

月に4GB以上使えるデータSIMのお勧めランキング

No.1 mineo

mineoはau系の格安SIMとドコモ系の格安SIMの両方を提供しています。通信速度も速めです。特にauプランは格安SIMの中でも2番目に速くなっています。家族割(月額50円引)や複数回線割(月額50円引)があるので複数人で使うのにおすすめです。パケットシェアやパケットギフト、フリータンクなど、データを便利に安く効率的に使えるサービスが揃っています。

月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信のみ)1580円5GB
2520円10GB

mineoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → mineo


No.2 エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの通信速度は比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制なので、一番簡単に安くすることができます。SIM3枚コースも安いので、家族で使う場合はより無駄なく使える格安SIMになっています。

月額料金データ容量
最適料金プラン(データSIM)1150円4GB
1450円5GB
1600円6GB
1900円7GB
2120円8GB
2200円9GB
2380円10GB

エキサイトモバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → エキサイトモバイル


No.3 DMM mobile

DMM mobile

月に4GB以上使えるデータSIMで月額最安値レベルで使えるのがDMM mobileの格安SIMです。全てのデータ容量のプランが最安値水準になっています。安いだけでなくデータ容量の選択肢が多く変更も簡単にできます。実際に出る通信速度も速めです。キャンペーンはありませんが、バランスの良いデータSIMになっています。

月額料金データ容量
シングルコース、通話SIM1210円5GB
1860円7GB
1980円8GB
2190円10GB
3600円15GB
4980円20GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile


No.4 FREETEL

FREETEL

FREETELは使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制です。通信速度が格安SIMの中でトップクラスに速いです。余ったデータの繰越ができないので実質的に少し割高です。月額料金が少し高くても通信速度を重視する場合に、おすすめの格安SIMになっています。月額料金が何ヶ月か無料になるキャンペーンをよくやっています。

月額料金データ容量
データ専用(データSIM)1520円5GB
2140円8GB
2470円10GB

FREETELの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → FREETEL


No.5 NifMo

NifMo

NifMoも実際に出る通信速度が速い格安SIMになっています。キャッシュバックがもらえるキャンペーンをやっている場合があります。キャッシュバックがあると、格安SIMや格安スマホをかなり割安に手に入れることができます。5GB以上のプランの月額料金は他よりも割高ですが、キャッシュバックがある場合は、そこまで割高にはなりません。キャッシュバックがもらえる場合で、通信速度を重視する場合におすすめです。

月額料金データ容量
5GBプラン1600円5GB
10GBプラン2800円10GB

NifMoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → NifMoの格安スマホ / NifMoの格安SIM


No.6 BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMの大容量のプランは月額料金が安いです。通信速度は朝や日中は比較的速いですが、平日の夜になると他の格安SIMと比べて少し遅めになる傾向があります。月額料金が何ヶ月か無料になるキャンペーンをよくやっています。

月額料金データ容量
ライトSプラン1450円6GB
データSIM 12GBプラン2700円12GB

BIGLOBE SIMの評価とネットの評判の詳細


No.7 IIJmio

IIJmio

IIJmioはMVNO業界でシェア2位を占め、長い間、比較的速い通信速度を維持していたことから高い信頼を得ています。月額料金は少しだけ高めですが、実際に出る通信速度は速めです。信頼性を重視する人にIIJmioがおすすめです。IIJmioとDMM mobileやエキサイトモバイルはほとんど同じ品質なので、IIJmioを選ぶなら月額料金がより安いDMM mobileやエキサイトモバイルがおすすめです。

月額料金データ容量
データ通信専用SIM ライトスタートプラン1520円5GB
データ通信専用SIM ファミリーシェアプラン2560円10GB

IIJmioの評価とネットの評判の詳細


No.8 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMのデータSIMは月額料金が安く、実際に出る通信速度も速めです。2016年5月からは、今までネックだった余ったデータの繰越にも対応しました。まだ利用しているユーザが少ないので、ユーザが増えた時に速度が低下するおそれがあります。通信速度の信頼性は低めです。

月額料金データ容量
データプラン(データSIM)1220円5GB

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細


No.9 トーンモバイル(TONEモバイル)

TONE(トーン)

トーンモバイルの格安スマホは、必要な設定がほとんどされた状態で届くのに加えて、超丁寧なスマホガイドブックが付いてきます。現在地確認やアプリのインストール制限、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などを簡単に利用することができます。スマホ初心者やシニア層、子供など、家族みんなで使うのに便利な機能やサポートが充実しています。

月額料金データ容量
基本プラン+高速チケット1回分1300円月1GB+3日間で300MB、公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)
基本プラン+高速チケット2回分1600円月2GB+3日間で300MB、公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)
基本プラン+高速チケット2回分+フラットパック2100円月3GB+3日間で300MB、公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)+IP電話1260円分が無料

トーンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.10 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの通信速度は遅めなので、月4GB以上必要なヘビーユーザにはおすすめではありません。初月無料になったり楽天ポイントがもらえたりします。スマホを買うと楽天ポイントがたくさんもらえたりします。音声通話SIMなら楽天市場の買い物でもらえるポイントがずーと2倍になるので、音声通話SIMを申し込む場合に楽天モバイルを検討してみてください。

月額料金データ容量
データSIM、5GBプラン1450円5GB
データSIM、10GBプラン2260円10GB

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細


No.11 イオンモバイル

イオンモバイル

月額料金が安く通信速度も速めです。ただし、格安スマホの端末代が割高に設定されていて、ネットでの申し込みもできなくなっています。イオンモバイルを検討するなら、同じくらい月額料金が安くて速度も速く、格安スマホの端末代もそこそこ割安で、ネットでの申し込みもできるDMM mobileを選ぶのをおすすめします。

月額料金データ容量
データ通信プラン、データSIM980円4GB
1480円6GB
1980円8GB
2680円12GB
4980円20GB
6980円30GB
9980円40GB
13800円50GB

イオンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.12 OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEは格安SIMでトップシェアを誇るMVNOです。他の格安SIMと比較して月額料金も通信速度も普通または少し遅めです。月300円かかる050plusを半額で使えるので、050plusを使おうと思っている人にとっては少しだけ割安になります。

月額料金データ容量
170MB/日コース1380円170MB/日
5GB/月コース1450円5GB
10GB/月コース2300円10GB
500kbpsコース1800円15GB

OCNモバイルONEの評価とネットの評判の詳細


No.13 U-mobile

U-mobile

U-mobileの月額料金は安めですが、余ったデータ容量の繰越はなく、また通信速度も他と比べるとあまり速度がでません。データ容量の大きなプランは他の格安SIMをおすすめします。U-mobileにはLTE使い放題のプランがあるので月10GB以上確実に使う場合にLTE使い放題を少し検討してみてください。

月額料金データ容量
データ専用 5GB1480円5GB

U-mobileの評価とネットの評判の詳細


No.14 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEは高速データ通信を無制限で使えるプランが有名ですが、7GB使えるプランもあります。月額料金が安めですが、通信速度が遅めでSIMカードのサイズの変更もできません。

月額料金データ容量
定額ライトプラン、データSIM1886円7GB

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


No.15 SkyLinkMobile

SkyLinkMobile

SkyLinkMobileの4GBプランは他の格安SIMと比べて割高です。知名度が低すぎるため実際に出る通信速度は不明です。

月額料金データ容量
マンスリーコース、データSIM1510円4GB

SkyLinkMobileの評価とネットの評判の詳細


No.16 0SIM

0SIM

実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランになります。通信速度は遅いです。月500MB未満なら無料で使うことができますが、月1GB以上になるとどんどん割高になっていきます。

月額料金データ容量
データ専用プラン1600円4GB(5GBまで同じ料金)

0SIMの評価とネットの評判の詳細


評価外 もしもシークス

もしもシークス

もしもシークスのデータプランの月額料金は割高すぎるので、おすすめではありません。事務手数料が5000円かかるのにくわえて、12ヶ月未満に解約した場合は1万円の解約手数料がかかります。

月額料金データ容量
データプラン、データSIM2180円5.5GB
2780円7.5GB
3380円10.5GB

もしもシークスの評価とネットの評判の詳細

データ量別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

↑このページの先頭に戻る