月額1000円台の音声通話プランの格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

音声通話SIMの中で最も人気なのが月額1000円台のSIMになります。月額料金の違いは主に月に使える高速データ通信の容量の違いになります。安ければ安いほど高速データ通信の容量は少なくなります。

容量は一般的な使い方でも最低月1GBは必要です。月3GBあれば基本的に十分なデータ量になります。1GBと3GBの月額料金の差は200円くらいしかないので、とりあえず迷ったら3GBを選んでおくのが無難です。

自分に必要な高速通信データの容量の目安は、データ専用の格安SIMカードの容量別の比較に記載してあるのでそちらをご確認ください。

データ通信量の目安、動画、アプリ、インターネットの使用量にもデータ量の目安の詳細を記載しているので、そちらもあわせて参考にしてみてください。

通話SIMの比較のポイント、月額料金、データ量、実際に出る速度

月額料金とデータ量は数字で記載されているので比較するのは簡単ですが、問題は実際に出る通信速度の比較です。通信速度の理論的な最大値は公表されていても、実際に出る通信速度(実測値)は公表されていません。

実際に使って速度を測ってみたり、ネットの評判をかき集めて総合的に判断した結果、速度が出やすい格安SIMは下記になりました。

速度が出やすい格安SIM (本当に必要な通信速度の話)

超速いUQ mobile
速いmineoのauプラン、NifMo、FREETEL
やや速いDMM mobile、IIJmio、イオンモバイル、DTI、mineoのドコモプラン
普通OCNモバイルONE
やや遅いU-mobile、BIGLOBE、日本通信 b-mobile、楽天モバイル、トーンモバイル
遅いぷららモバイルLTE

以上より、月額料金、高速データ通信量、速度の出やすさ、キャンペーン等を基準に自分に一番合った音声通話SIMを選びましょう。

速度が出やすい格安SIMは変動する場合があるので、実際に出る通信速度の最新情報はMVNO格安SIMの通信速度の記録でご確認下さい。

月額1000円台の通話SIMのおすすめランキング

No.1 UQ mobile

格安SIMの中で通信速度がダントツに一番速いのがau系の格安SIMのUQ mobileです。月に使うデータ量が3GB以下の人はUQ mobileを第一候補に入れるのが良いと思います。月額料金は少しだけ高いですが、auのスマホを持っている、またはauの白ロムでも気にしない人に特におすすめの格安SIMになっています。

月額料金データ容量
データ高速+音声通話プラン1680円3GB

UQ mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → UQ mobile


No.2 mineo

mineoはau系の格安SIMと(auプラン)ドコモ系の格安SIM(ドコモプラン)の両方を提供しています。家族割(月額50円引)や複数回線割(月額50円引)などが使えるので複数人で使う場合におすすめの格安SIMになっています。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐ解約しても違約金がないので、ちょっと格安SIMを試してみたい場合にもオススメです。mineoのauプランは通信速度が速いです。ドコモプランもそこそこ速めです。

auプラン月額料金データ容量
デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)1310円500MB
1410円1GB
1510円3GB
ドコモプラン月額料金データ容量
デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)1400円500MB
1500円1GB
1600円3GB

mineoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → mineo


No.3 DMM mobile

DMM mobile

DMM mobileの格安SIMは月額料金は業界最安値レベルで月に使えるデータ量の選択肢も豊富で途中で変更もできます。実際に出る通信速度も速めで、長年通信速度も比較的安定している格安SIMです。料金・質ともにバランスのとれた良い格安SIMになっています。

月額料金データ容量
シングルコース、通話SIM1140円200kbps
1260円1GB
1380円2GB
1500円3GB
1910円5GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile


No.4 FREETEL

FREETEL

FREETELは割安な格安スマホを扱っているのに加えて、通信速度が格安SIMの中でも速いです。1GB以下なら月額料金最安値水準で使うことができます。使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になっているので、月額料金を安く抑えることもできます。ただ、余ったデータの繰越はできないので、1GB以上使う場合は実質的には少し割高になります。スマホのライトユーザや通信速度を重視する場合におすすめの格安SIMです。

月額料金データ容量
音声通話付(音声SIM)999円100MB
1199円1GB
1600円3GB

FREETELの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → FREETEL


No.5 NifMo

NifMo

ドコモ系の格安SIMの中で通信速度が一番速いです。格安スマホや格安SIMを申し込むとキャッシュバックがもらえるので、格安スマホや格安SIMを割安に手に入れることができます。NifMoは新しいスマホが必要な一般ユーザにおすすめです。

月額料金データ容量
3GBプラン+音声通話対応1600円3GB

NifMoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → NifMoの格安スマホ / NifMoの格安SIM


No.6 楽天モバイル

楽天モバイル

通信速度は遅いですが、月額料金が初月無料、格安スマホの割引キャンペーンやポイントバックキャンペーン、楽天市場でもらえるポイントがずーと2倍になる特典がもらえたり、月850円のオプション料金で5分間の通話がかけ放題になったりします。楽天モバイルは料金面で一番割安に使える格安SIMと格安スマホになっています。自宅にWiFiがある場合におすすめです。

月額料金データ容量
通話SIM、ベーシック1250円200kbps
通話SIM、3.1GBプラン1600円3.1GB

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → 楽天モバイル


No.7 BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは通信速度は普通レベルですが、格安SIMの中で一番安く電話を使うことができます。BIGLOBEの月額650円の通話パック60に加入すると毎月60分の通話が無料になります。月30分以上電話をする場合に、BIGLOBEの格安SIMがおすすめになります。

月額料金データ容量
音声通話スタートプラン1400円1GB
エントリープラン1600円3GB

BIGLOBE SIMの評価とネットの評判の詳細


No.8 IIJmio

IIJmio

派手なキャンペーンや割引こそありませんが、高い信頼性があるのがIIJmioの格安SIMです。MVNO業界2位のシェアを占めるIIJmioは多くのユーザがいるにもかかわらず比較的速い通信速度を維持しています。信頼性を重視する人にはIIJmioがおすすめです。※IIJmioを選ぶ場合は、ほぼ同品質でより低価格なDMM mobileがおすすめです。

月額料金データ容量
音声通話機能付きSIM みおふぉん ミニマムスタートプラン1600円3GB

IIJmioの評価とネットの評判の詳細


No.9 トーンモバイル(TONEモバイル)

TONE(トーン)

トーンモバイルの格安スマホは、必要な設定がほとんどされた状態で届くのに加えて、超丁寧なスマホガイドブックが付いてきます。機械類が苦手なスマホの初心者にお勧めです。小学生や中学生用のスマホとしてもトーンモバイルの格安スマホが最適です。現在地確認やアプリのインストール制限、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などを簡単に利用することができます。スマホ初心者やシニア層、子供など、家族みんなで使うのに便利な機能やサポートが充実しています。通話料無料の手厚いサポートも受けることができます。

月額料金データ容量
基本プラン+3G音声オプション1953円公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)

トーンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.10 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMの通話SIMは月額料金が安く、キャンペーンもあり、かなり割安に使うことができます。2016年5月から余ったデータの繰越に対応しました。通信速度は比較的速めですが、まだ利用しているユーザが少ないので、ユーザが増えた時に速度が低下するおそれがあります。通信速度の信頼性は低めです。

月額料金データ容量
音声プラン(通話SIM)1200円1GB
1490円3GB
1920円5GB

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細


No.11 イオンモバイル

イオンモバイル

月額料金が安く通信速度も速めです。ただし、格安スマホの端末代が割高に設定されていて、ネットでの申し込みもできなくなっています。イオンモバイルを検討するなら、同じくらい月額料金が安くて速度も速く、格安スマホの端末代もそこそこ割安になっているDMM mobileを選ぶのをおすすめします。

月額料金データ容量
音声通話プラン、通話SIM1180円0.5GB
1280円1GB
1380円2GB
1580円4GB
1980円6GB

イオンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.12 OCN モバイル ONE

数あるMVNOの中でトップシェアを誇るのがOCNモバイルONEの格安SIMです。月300円かかる050plusが無料で使えるのですが、月額料金が割高に設定されています。通信速度は普通レベルで、強みは特にない格安SIMになっています。OCNモバイルONEは超強力な販売力でトップシェアを維持しています。

月額料金データ容量
110MB/日コース+音声対応1600円110MB/日
3GB/月コース+音声対応1800円3GB

OCN モバイル ONEの評価とネットの評判の詳細>


No.13 U-mobile

U-mobile

使ったデータ量により料金が2段階に変わるダブルフィックスのプランが安く使えるのでお得ですが通信速度は遅めです。U-mobileは月額2980円でデータを大量に使えるLTE使い放題(通話プラス)はおすすめですが、3GBや5GB、ダブルフィックスは速度が遅いだけなのでおすすめではありません。

月額料金データ容量
通話プラス 3GB1580円3GB
通話プラス 5GB1980円5GB
通話プラス ダブルフィックス通信量1GB以下1480円、1GB超1780円1GB~3GB

U-mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → U-mobile: ユーモバイル


No.14 b-mobile(おかわりSIM/高速定額)

b-mobile

日本通信のb-mobileのライトプランと、おかわりSIMが月額料金1000円台で使うこと出来ます。月額料金が高く通信速度も遅いのでオススメではありません。ライトプランに+800円で高速データが無制限に使えるプランもありますが、通信速度は相当遅いようです。超チャレンジャーは試してみるのもいいかもしれませんが、おすすめはしません。

月額料金データ容量
ライトプラン、音声付1980円3GB
おかわりSIM、音声付1300円1GB
1550円2GB
1800円3GB

b-mobileの評価とネットの評判の詳細


No.15 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEは高速データ通信を無制限で使えるプランが有名ですが、1日110MB使えるプランもあります。ただしSIMのサイズが変更できなかったり、通信速度が平凡な上に1日で使えるデータ量が少ないのであまりおすすめではありません。ぷららモバイルLTEはデータが無制限に使える、定額無制限プラン(月額3460円)がおすすめになっています。ただし、実際に出る通信速度は相当遅くなっています。

月額料金データ容量
定額ライトプラン、音声通話プラス1600円110MB/日

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


月額料金別、音声通話プランのある格安SIMのおすすめランキング

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る