月1000円未満のデータSIMを選ぶポイントとおすすめのデータSIM

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

データ専用の格安SIM(データSIM)の月額料金は主に500円〜1000円くらいです。おそらくデータSIMを使っている人の7割くらいはこの料金帯のデータSIMを利用しています。

データSIMはスマホをネット中心に使うための格安SIMです。スマホでも携帯電話番号を使って電話をしたい場合は、通話SIMを選んでください。

ここでは月額1000円未満で使えるデータSIMにフォーカスを当てて選ぶポイントを解説していきます。使えるデータ量から適切なデータSIMを選びたい場合は、使うデータ量ごとの格安SIMの選び方を参考にしてみてください。

通話SIMとデータSIMのざっくりとして選び方と、必要な手続きについては格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方にも記載しています。通話SIMとデータSIMに迷っている場合や、手続きの流れを知りたい場合に参考にしてみてください。

月1000円未満のデータSIMを選ぶポイント

選ぶポイント1:月額料金と高速データ通信が使えるデータ量

月1000円未満といっても、下記のように4つの価格帯に分かれています。

  • 月300円くらい:高速データ通信が使えない低速専用プラン
  • 月500円くらい:1GBの高速データ通信が使える(2番目に人気)
  • 月800円くらい:2GBの高速データ通信が使える
  • 月900円くらい:3GBの高速データ通信が使える(一番人気で定番)

※ 月700円プラスするとスマホで電話ができる通話SIMの月額料金になります。

月1000円未満のデータSIMは、月500円くらいで1GBの高速データ通信が使えるデータプランと、月900円くらいで3GB使えるデータプランに人気が分かれています。

自宅にWiFiがあって外ではスマホをあまり使わない場合は、月1GB使える格安SIMがオススメです。家にインターネットがなかったり、外でスマホをそこそこ使う場合は少なくとも月3GBの格安SIMが必要になります。(家にインターネットがなくても、スマホをほとんど使わなければ月1GBでも大丈夫です)

高速データ通信が使えないデータSIMは、かなり割り切ってスマホを使う必要があるので、基本的にはオススメではありません。あと200円出して月500円程度のプランを使った方が利便性がかなり良くなります。

月1000円未満のデータSIMの目次

選ぶポイント2:実際に出る通信速度

高速データ通信といっても格安SIMごとの実際に出る通信速度はかなり差があります。通信速度の速いSIMと遅いSIMの速度の差が10倍くらいあることも珍しくありません。時間帯によって100倍くらい差が出たりします。

そのため格安SIMの管理人は格安SIMを30枚以上契約して、毎月定期的に細かく通信速度の計測を行なっています。その結果、速度が出やすい格安SIMは下記になっています。

2019年6月版の格安SIM/ドコモ/WiMAXの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家
2位 WiMAX2+ワイモバイル
3位 どんなときもWiFi
4位 BIGLOBEモバイルのタイプA
比較的速い 5位 BIGLOBEモバイルのタイプD、LinksMateIIJmioのタイプD、DMMモバイルmineoのauプラン、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線
6位 エキサイトモバイル、mineoのソフトバンクプラン、mineoのドコモプラン
普通 7位 LINEモバイルのソフトバンク回線、楽天モバイルのau回線、楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)
少し遅い 8位 OCNモバイルONE、IIJmioのタイプA、イオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LIBMO、LINEモバイルのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 DMMモバイルのSNSフリー、TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン、0SIM

最新の速度ランキングの詳細を読む

格安SIMの通信速度は時期により変動する場合が多々あります。格安SIMの速度ランキングの記録に、過去の計測結果の記録も掲載しているので、そちらも参考にしてみることをおすすめします。

データをそんなに使わない場合(月3GB以下)は、実際に出る通信速度はそんなにこだわる必要はないのですが、ある程度重視することをおすすめします。(参考:本当に必要な通信速度の話)

月1000円未満のデータSIMの目次

選ぶポイント3:低速モードの質

格安SIMには、高速データ通信と低速モードがあります。

低速モードに切り替えることで通信速度は遅くなりますが、データ消費なしにネットを使うことができます。実際に出る低速モードの通信速度も格安SIMによって違っていたり、バースト転送で低速モードでも割と普通に使える格安SIMもあります。

大容量のデータプランを契約する場合は低速モードは重要ではありませんが、月1GBや2GBぐらいのデータ量を契約する場合は、低速モードの質が結構重要になってきます。

低速モードに切り替えることができる格安SIMなら、インターネットラジオやGoogle Play MusicやApple Music、LINE Musicなどの音楽ストリーミングを長時間聴く場合でも、データ消費なしに気軽に聴き流すこともできます。

インターネットラジオや音楽ストリーミングを良く使う場合、または低容量のデータプランの契約を検討している場合は、低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道を一読することを強くおすすめします。

下記から、月額料金、データ量、実際に出る通信速度、低速モードの質、キャンペーンの有無などを総合的に評価して、おすすめ順にデータSIMをランニングにしているので参考にしてみてください。

月1000円未満のデータSIMの目次

月1000円未満のデータSIMのおすすめランキング

No.1:UQ mobile

UQ mobile

格安SIMの中で通信速度が一番速いのがau系の格安SIMのUQ mobileです。通信速度がとにかく速く安定しています。月のデータ量が3GBで足りる人はUQ mobileを最優先に検討してみてください。

回線の種類:au回線

月額料金データ量
データ高速プラン(SMS付き)980円3GB

UQ mobileの公式サイト

UQ mobileの料金プランとサービス内容を徹底解説

月1000円未満のデータSIMの目次

No.2:IIJmio

IIJmio

IIJmioはMVNO業界でシェア2位を占めています。比較的速い通信速度を長年維持していることから高い信頼性を得ています。信頼性を重視する人にIIJmioがおすすめです。ただし、DMMモバイルもIIJmioの設備を使っているので、プランが豊富で月額料金が安くなるDMMモバイルのほうがオススメです。

回線の種類:ドコモ回線/au回線

データ通信専用SIM月額料金データ量
ミニマムスタート900円3GB
IIJmioの一番お得なキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計4000円引き+最大1万円分のギフト券

IIJmioでは2019年9月30日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1000円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長になるキャンペーンも行っています。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1000円引き(合計4000円)になります。

2019年7月31日まで数量限定でZenFone Max Pro M2が1万9800円などで買えるスマホ大幅割引キャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの公式サイト

IIJmioの料金プランとサービス内容を徹底解説

月1000円未満のデータSIMの目次

No.3:エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になります。月額料金は1GBごとの従量制なので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。

回線の種類:ドコモ回線

月額料金データ量
SIM1枚コース500円200kbps
630円500MB
660円1GB
770円2GB
880円3GB
エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホを徹底解説、初期費用とSIM発行手数料が無料

エキサイトモバイルでは、2019年7月31日まで格安SIMのデータSIMと通話SIMを申し込むと通常かかる初期費用3000円が無料、そしてSIM発行手数料394円も無料になるキャンペーンを行なっています。
キャンペーンの詳細を見る

エキサイトモバイルの公式サイト

エキサイトモバイルの詳細評価

月1000円未満のデータSIMの目次

No.4:LIBMO(リブモ)

LIBMO

LIBMOは高額キャッシュバックがもらえるので、かなり安く使うことができます。大6台に適用できる総合セキュリティソフト(月400円)も3ヶ月無料で使えます。低速無制限ですがバースト転送は使えません。追加SIMはMVNOで最安値クラスです。

回線の種類:ドコモ回線

月額料金データ量
データSIM480円200kbps
880円3GB
LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの公式サイト

LIBMO(リブモ)の詳細評価

月1000円未満のデータSIMの目次

No.5:QTモバイル

QTモバイル

QTモバイルは最初の12ヶ月間は月額料金を少し安く使うことができます。キャンペーンで6GBプランがやけに安く使える場合があります。

回線の種類:ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

月額料金データ量
12ヶ月目まで13ヶ月目以降
データSIM700円800円1GB
800円900円3GB
800円1550円6GB
QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

月1000円未満のデータSIMの目次

No.6:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの3GBプランの月額料金は平均的です。実際に出る通信速度はドコモ回線は普通ですが、au回線は結構速いです。データSIMなら月980円のオプション料金でYoutubeとAbemaTVが見放題になります。YoutubeとAbemaTVをたくさん見る場合にオススメです。

回線の種類:ドコモ回線/au回線

データSIM月額料金データ量
3ギガプラン900円3GB
一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、最大2万400円分の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルは、月3GB以上のプランだと月額割引とキャッシュバックがもらえて、初月無料、そして紹介コードを使うと追加で1ヶ月無料になるキャンペーンを行なっています。2019年9月1日までのキャンペーンです。

通話SIMのみは1万1200円分の特典、通話SIMと端末セットは最大2万400円分の特典、データSIMと端末セットだと最大7200円分の特典がもらえます。通話SIMならYouTube等を3ヶ月データ消費なしに見れるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの詳細評価

月1000円未満のデータSIMの目次

No.7:LINEモバイル

LINEモバイル

LINEフリープランはLINE(年齢認証可)をデータ消費なしで使うことができます。LINEをよく使う場合にオススメの格安SIMです。LINEモバイルのドコモ回線とau回線は遅いので、ソフトバンク回線がオススメです。

回線の種類:ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

データSIM月額料金データ量
LINEフリープラン500円1GB

※ LINEアプリの利用時のデータ消費なし

LINEモバイルの料金プランとサービス内容を徹底解説

月1000円未満のデータSIMの目次

No.8:mineo

マイネオ

mineoは家族割やパケットシェア、パケットギフトなど複数人で使うとお得な機能や便利な機能が付いてきます。mineoは複数人で使う場合に強みが出ます。ただ、データSIMの場合はキャンペーンが適用されないので、お得度は微妙です。

回線の種類:ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

シングルタイプ(データSIM)月額料金データ量
ドコモ/auプラン700円500MB
900円3GB
ソフトバンクプラン790円500MB
990円3GB

mineoの詳細評価

月1000円未満のデータSIMの目次

No.9:LinksMate(リンクスメイト)

LinksMate(リンクスメイト)

リンクスメイトは通信速度が速く、月額500円のカウントフリーオプションを足せばAbemaTV、Twitter、Facebook、インスタグラムがほぼデータ消費なしで使うことができます。特にAbemaTVをたくさん見たい場合にオススメの格安SIMです。

回線の種類:ドコモ回線

月額料金データ量
データSIM500円1GB

LinksMateの料金プランとサービス内容を徹底解説

月1000円未満のデータSIMの目次

No.10:イオンモバイル

イオンモバイル

月額料金が安く通信速度は普通です。イオンモバイルで最もオススメなのがタイプ2の1GBプランです。タイプ2なら低速モードを無制限で使えます。低速モードをたくさん使いたい場合にオススメです。

回線の種類:ドコモ回線/au回線

データSIM月額料金データ量
データ通信プラン480円1GB
780円2GB
980円4GB

イオンモバイルの料金プランと評判を実際に使って徹底解説

月1000円未満のデータSIMの目次

No.11:OCNモバイルONE

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEは格安SIMでシェア上位です。通信速度や月額料金はイマイチですが、比較的速い低速モードを無制限に使えるので、高速と低速をうまく切り替えながら使う場合にオススメの格安SIMです。ただ、データSIMにはキャンペーンがほとんど適用されないので、オススメ度は低めです。

回線の種類:ドコモ回線

データSIM月額料金データ量
110MB/日コース900円110MB/日

OCNモバイルONEの詳細評価

月1000円未満のデータSIMの目次


ほとんど誰も契約しない:b-mobile S

b-mobile Sは、SIMロックを解除できないソフトバンクのiPhoneを使うことができます。ただ、b-mobileを運営している日本通信の業績が超悪いので、ソフトバンク系の格安SIMはLINEモバイルでもソフトバンク回線を使ったほうが無難です。

回線の種類:ドコモ回線/ソフトバンク回線

データSIM月額料金データ量
190PadSIM190円100MB
480円1GB
850円3GB

b-mobile Sの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:ロケットモバイル

ロケットモバイルの月額料金は安いですが、実際に出る通信速度が遅く不安定です。キャンペーンはなく、格安スマホの販売も行っていません。アプリのダウンロードもできません。スマホをほとんど使わない場合は、一番安く維持することができます。

回線の種類:ドコモ回線/ソフトバンク回線

データSIM月額料金データ量
ドコモ回線298円実測100kbps
590円1GB
690円2GB
840円3GB
ソフトバンク回線398円実測100kbps
790円1GB

ロケットモバイルの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:DTI SIM

DTI SIMは月額料金が安めですが、実際に出る通信速度は遅く、通信速度の信頼性が少し低めです。データSIMなら月3GBを半年間無料で使うことができることから、ちょっと試したい場合に検討するくらいですが、ほとんど誰も契約しません・・。

回線の種類:ドコモ回線

月額料金データ量
データプラン600円1GB
840円3GB
データSIM 半年お試し0円(7カ月目以降840円)3GB
SMS付きデータSIM 半年お試し0円(7カ月目以降990円)3GB

DTI SIMの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:楽天モバイルのデータSIM

楽天モバイルは格安スマホをかなり割安に買えるキャンペーンをしょっちゅう行っています。ただし、データSIMの場合はキャンペーン価格はほとんど適用されません。実際に出る通信速度も遅めなので、データSIMの場合は楽天モバイルはオススメではありません。

回線の種類:ドコモ回線/au回線

データSIM月額料金データ量
ベーシック525円200kbps
3.1GBプラン900円3.1GB

楽天モバイルの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:ヤマダニューモバイル

ヤマダ電機のヤマダポイントで月額料金の支払いができるのが強みの格安SIMです。ただし、ネットでの評判は皆無に等しく、実際に出る通信速度が遅いです。

回線の種類:ドコモ回線

月額料金データ量
データSIM525円200kbps
900円3.3GB

ヤマダニューモバイルの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:nuroモバイル

nuroモバイルの月額料金はそこそこ安く、2GB以上は1GB刻みでデータ量を選択することができます。10分かけ放題が業界最安値水準の月額800円で使えます。ただし、実際に出る通信速度が遅く、アプリもダウンロードできない時期が続いたので、信頼性は低いです。

お試しプランは月0.2GBのデータを使い切ると32kbpsの劇遅速度になります。

回線の種類:ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

データSIM月額料金データ量
ドコモ回線300円0.2GB
700円2GB
au回線500円0.2GB
780円2GB
ソフトバンク回線500円0.2GB
980円2GB

nuroモバイルの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:トーンモバイル

トーンモバイルの格安スマホは、現在地確認やアプリのインストール制限、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などを簡単に設定できます。ただし、通信速度がかなり遅いので、子供が使うスマホとして少し検討するくらいです。

回線の種類:ドコモ回線

データSIM月額料金データ量
基本プラン1000円実測200kbps

トーンモバイルの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:U-mobile

U-mobileの通信速度は普通程度です。ダブルフィックスプランだと使ったデータ量が月1GB以下なら680円、1GBを超えた場合は900円になり少しお得に使えます。ただし、キャンペーンを全くせず、格安スマホの取り扱いも放置しています。U-mobileはMVNO事業にやる気がないので、避けたほうがいいです。

回線の種類:ドコモ回線/ソフトバンク回線

データ専用(ドコモ回線)月額料金データ量
1GB790円1GB
ダブルフィックス1GB以下680円、1GB超900円1GB~3GB
データ専用(ソフトバンク回線)月額料金データ量
U-mobile S880円1GB

U-mobileの詳細評価


ほとんど誰も契約しない:0SIM

実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランです。通信速度が超遅いです。カーナビ用途としてなんとか使えるかもくらいです。

回線の種類:ドコモ回線

データSIM月額料金データ量
データ専用プラン0円500MB
100円600MB
1900MBまで100MB増えるごとに100円加算
800円1300MB
900円1400MB

0SIMの詳細評価


月1000円未満のデータSIMの目次

データ量ごとの選ぶポイントとおすすめランキング

最終更新日 2019年7月13日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMの管理人
「月1000円未満のデータSIMを選ぶポイントとおすすめのデータSIM」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ