月に1GB使えるデータ専用の格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月18日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

家にインターネット環境がある場合で外であまりスマホを使わない場合は、月に1GB使えるデータ専用の格安SIMが料金も安いのでおすすめです。スマホを使っている人の2割くらいは、この月1GBの容量で足りていると思われます。

月1GB使えるデータ専用の格安SIMの月額料金は440円からになります。月3GB使えるSIMの月額料金は900円ぐらいなので、不安のある人は3GBのプランをお勧めします。プランの変更は後からでもできるので、あまり気にする必要はありません。

どのくらいデータを使っているかわからない人は、データ通信量の目安、動画、アプリ、インターネットの使用量を参考にしてみてください。

月に1GB使えるデータ専用の格安SIMの比較のポイント

比較のポイントは、月額料金、実際に出る通信速度、バースト転送の有無、そしてキャンペーンの有無になります。

格安SIM各社の最大の通信速度はほとんど同じですが、実際にでる通信速度はかなり違います。実際にでる速度が速い格安SIMと遅い格安SIMを比べると、速度の差が10倍くらいになったりします。

速度が出やすい格安SIM (本当に必要な通信速度の話)

超速いUQ mobile
速いmineoのauプラン、NifMo、FREETEL
やや速いDMM mobile、IIJmio、イオンモバイル、DTI、mineoのドコモプラン
普通OCNモバイルONE
やや遅いU-mobile、BIGLOBE、日本通信 b-mobile、楽天モバイル、トーンモバイル
遅いぷららモバイルLTE

速度が出やすい格安SIMは変動する場合があるので、実際に出る通信速度の最新情報はMVNO格安SIMの通信速度の記録でご確認下さい。

月1GBの場合は、実際に出る通信速度はそんなに気にする必要はありません。通信速度が速い格安SIMほどデータをより早く使い切ってしまうので、やや遅い程度の通信速度が出れば基本的に問題ありません。

バースト転送は、月に使える高速データ通信を使い切った場合でもインターネットをするとき最初の一瞬だけ高速通信になる機能です。高速データ量を使い切った後でも、バースト転送があればYahoo程度の軽いサイトならある程度普通に見ることができます。高速通信を使いきってしまいそうな場合は、バースト転送がある格安SIMを選びましょう。

キャンペーンは格安SIMによっては、初月無料になったり、ポイントがもらえたり、月額料金が一定期間割引になったりするキャンペーンを行っています。

月に1GB使えるデータSIMのお勧めランキング

No.1 DMM mobile

DMM mobile

DMM mobileの格安SIMの月額料金は業界最安値でプランも豊富(0GB、1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GB、15GB、20GB)です。実際に出る通信速度も他の格安SIMよりも速いです。バースト転送があるのでデータ容量を使い切った時も安心です。特にキャンペーンはありませんが、他にキャンペーンがない場合は、DMM mobileが一番良い選択肢になります。200kbpsの低速モードは3日間で366MBまで使うことができます。

月額料金データ容量
シングルコース、データSIM480円1GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細を見る

公式サイト → DMM mobile


No.2 FREETEL

FREETEL

FREETELは使ったデータ量に応じて月額料金が変わります。通信速度が速いのに加えて1GBだとFREETELが一番安く使うことができます。バースト転送がないので、月1GBもデータを使わないスマホのライトユーザの場合にFREETELがおすすめになります。200kbpsの低速モードは無制限に使うことができます。高速モードで月100MBも使っていないと月額料金は299円で済みます。

月額料金データ容量
データ専用(データSIM)499円1GB

FREETELの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → FREETEL


No.3 mineo

mineoはau系の格安SIMとドコモ系の格安SIMの両方を提供しています。通信速度は比較的速めです。月額料金は他の格安SIMよりも高いですが、家族割やパケットシェア、パケットギフトなど複数人で使う場合に割安に使えたり便利な機能がある格安SIM担っています。フリータンクで1GBのデータを毎月無料でもらうこともできます。

月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信のみ)800円1GB

mineoの評価とネットの評判の詳細を見る

公式サイト → mineo


No.4 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMは通信速度は速めで、月1GBの月額料金は普通レベルです。2016年5月から余ったデータの繰越にも対応しました。DTI SIMでは月額料金が何ヶ月か安くなるキャンペーンをよくやっています。

月額料金データ容量
データプラン(データSIM)600円1GB

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細


No.5 イオンモバイル

イオンモバイル

月額料金が安く通信速度も速めです。ただし、格安スマホの端末代が割高に設定されていて、ネットでの申し込みもできなくなっています。イオンモバイルを検討するなら、同じくらい月額料金が安くて速度も速く、格安スマホの端末代もそこそこ割安で、ネットでの申し込みもできるDMM mobileを選ぶのをおすすめします。

月額料金データ容量
データ通信プラン、データSIM480円1GB

イオンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.6 U-mobile

U-mobile

U-mobileの通信速度は遅めですが月額料金は安めです。使ったデータ量により料金が変わるダブルフィックスのプランはそこそこお得です。使ったデータ量が月1GB以下なら680円、1GBを超えた場合は900円になります。ただし余ったデータ量の繰越はできないのに加えて、通信速度は少し遅めです。

月額料金データ容量
データ専用 1GB790円1GB
データ専用 ダブルフィックス通信量1GB以下680円、1GB超900円1GB~3GB

U-mobileの評価とネットの評判の詳細


No.6 BB.exciteモバイルLTE

BB.exciteモバイルLTE

複数枚のセットがお得なのがBB.exciteモバイルLTEの格安SIMです。1GBを使い終わってもバースト機能があるので安心です。IIJ系なので通信速度も速めです。

月額料金データ容量
SIM1枚コース720円1GB
SIM3枚コース1280円1GB

BB.exciteモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


順位未定 インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけです。社内ネットワークへのセキュアなアクセスや、遠隔地の監視システムの構築などに固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

月額料金データ容量
1GBまで高速プラン1600円1GB

インターリンクLTE SIMの評価とネットの評判の詳細

データ量別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

↑このページの先頭に戻る