月に3GB使えるデータ専用の格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

データ専用の格安SIMで一番コストパフォーマンスが良いのが月に高速データ通信が3GB使えるプランになります。スマホを使っている人の7割くらいの人は月3GB以内のデータ容量を使っていると言われています。

2015年4月に2GBのプランが料金据え置き(900円)で3GBに増量したため、2015年4月から月3GBが標準的な高速データ通信容量になりました。

自分が使っているデータ量がよくわからない人は、とりあえず3GBのプランにしておくのが無難な選択です。

家にインターネットがない場合でYoutubeやニコニコ動画を毎日1時間以上見ていたり、アプリをダウンロードしまくっている場合は、3GBでは足りなくなる可能性があるので4GB以上のプラン無制限プランがおすすめになります。

どのくらいデータを使っているかわからない人は、データ通信量の目安、動画、アプリ、インターネットの使用量を参考にしてみてください。

月に3GB使えるデータ専用の格安SIMの比較のポイント

比較のポイントは、月額料金、実際に出る通信速度、そしてキャンペーンの有無です。

通信速度の最高値は格安SIM各社でほとんど同じですが実際に出る速度にかなり差がでます。実際に出る通信速度が速い速いSIMと遅いSIMとでは速度の差が10倍くらいあったりします。

速度が出やすい格安SIM (本当に必要な通信速度の話)

超速いUQ mobile
速いmineoのauプラン、NifMo、FREETEL
やや速いDMM mobile、IIJmio、イオンモバイル、DTI、mineoのドコモプラン
普通OCNモバイルONE
やや遅いU-mobile、BIGLOBE、日本通信 b-mobile、楽天モバイル、トーンモバイル
遅いぷららモバイルLTE

速度が出やすい格安SIMは変動する場合があるので、実際に出る通信速度の最新情報は格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録でご確認下さい。

格安SIMによっては初月が無料だったり、ポイントがもらえたり、一定の期間月額料金が割引になったりするキャンペーンを行っています。

月に3GB使えるデータSIMのお勧めランキング

No.1 mineo(マイネオ)

mineoはドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。通信速度もそこそこ速く、家族割(月額50円引)や複数回線割(月額50円引)があるので、多人数で使う場合におすすめの格安SIMになります。

月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信のみ)900円3GB

mineoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → mineo


No.2 UQ mobile

格安SIMの中で通信速度が一番速いのがau系のUQ mobileです。通信速度がとにかく速く、速度も全時間帯で安定しています。月に使うデータ量が3GB以内の人はUQ mobileを第一候補にするのが良いと思います。難点はmineoのように月に使えるデータ量の選択肢が少ないことです。auのスマホを持っている場合やauの白ロムでも気にしない人に特におすすめの格安SIMです。

月額料金データ容量
データ高速プラン980円(SMS機能込み)3GB

UQ mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → UQ mobile


No.3 NifMo

NifMo

NifMoの実際に出る通信速度は速いです。通信速度に強みがあるのに加えて、キャッシュバックで格安SIMや格安スマホが割安に手に入る場合があります。3GB超のデータプランは少し割高ですが、月3GBの月額料金はそこそこ割安です。とりあえず、キャッシュバックをやっていないかどうか確認することをお勧めします。

月額料金データ容量
3GBプラン900円3GB

NifMoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → NifMoの格安スマホ / NifMoの格安SIM


No.4 エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になります。実際に出る通信速度も比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制なので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。

月額料金データ容量
SIM1枚コース880円3GB

エキサイトモバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → エキサイトモバイル


No.5 DMM mobile

DMM mobile

月に3GB使えるデータSIMで月額料金が最安値レベルなのがDMM mobileの格安SIMです。値段が安いだけでなく、データ容量の選択肢がたくさんあるのでデータ容量が多すぎたり少なすぎたりする場合でも簡単に変更できます。実際に出る通信速度も速めです。

月額料金データ容量
シングルコース、データSIM850円3GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile


No.6 FREETEL

FREETEL

FREETELは使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制のプランになっています。通信速度は格安SIMの中でもトップクラスですが、余ったデータの繰越はできないので少しだけ割高になります。通信速度を重視する場合におすすめの格安SIMになっています。

月額料金データ容量
データ専用(データSIM)900円3GB

FREETELの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → FREETEL


No.7 IIJmio

IIJmio

長年速い通信速度を維持していたことから高い信頼性を得ているのがIIJmioの格安SIMです。派手なキャンペーンや割引こそありませんが、MVNO業界2位のシェアを占めています。信頼性を重視する人にはIIJmioがおすすめです。

月額料金データ容量
データ通信専用SIM ミニマムスタートプラン900円3GB

IIJmioの評価とネットの評判の詳細


No.8 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMのデータSIMは通信速度がそこそこ速くて、月額料金も最安値レベルです。2016年5月から余ったデータの繰越にも対応しました。まだ利用しているユーザが少ないので、ユーザが増えた時に速度が低下するおそれがあります。通信速度の信頼性は低めです。DTI SIMはキャンペーンをやっていることが多いです。

月額料金データ容量
データプラン(データSIM)840円3GB

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細


No.9 トーンモバイル(TONEモバイル)

TONE(トーン)

トーンモバイルの格安スマホは、必要な設定がほとんどされた状態で届くのに加えて、超丁寧なスマホガイドブックが付いてきます。現在地確認やアプリのインストール制限、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などを簡単に利用することができます。スマホ初心者やシニア層、子供など、家族みんなで使うのに便利な機能やサポートが充実しています

月額料金データ容量
基本プラン1000円3日間で300MB、公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)

トーンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.10 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは通信速度は遅いですが、初月無料やキャンペーン等で格安スマホを一緒に買う場合は楽天ポイントがもらえたりします。ただ、データSIMの場合、キャンペーン内容がしょぼかったりします。音声通話SIMを検討している場合に、楽天モバイルを検討してください。

月額料金データ容量
データSIM、3.1GBプラン900円3.1GB

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細


No.11 BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMの通信速度は少し遅いレベルで、朝や日中は通信速度は速いのですが、夜になると他の格安SIMと比べて遅くなる傾向があります。3GBプランの月額料金も普通です。データSIMの場合は月200円の手数料で口座振替での支払いができます。

月額料金データ容量
エントリープラン900円3GB

BIGLOBE SIMの評価とネットの評判の詳細


No.12 U-mobile

U-mobile

U-mobileの通信速度は遅めですが。ダブルフィックスのプランだと使ったデータ量が月1GB以下なら680円、1GBを超えた場合は900円と少し安くできます。月ごとに使うデータ量が大きく変わる人にU-mobileの格安SIMが少しだけおすすめです。

月額料金データ容量
データ専用 ダブルフィックス通信量1GB以下680円、1GB超900円1GB~3GB

U-mobileの評価とネットの評判の詳細


No.13 b-mobile(おかわりSIM/高速定額)

b-mobile

日本通信のb-mobileのライトプランは月額料金が少し高く通信速度は遅いのでオススメではありません。おかわりSIMは使ったデータ量に応じて月額料金が変わります。月3GB使うと月額料金は1000円になります。おかわりSIMの通信速度は安定しているので、わりとおすすめできます。

月額料金データ容量
ライトプラン、データSIM1180円3GB
おかわりSIM、データSIM1000円3GB

b-mobile(おかわりSIM/高速定額)の評価とネットの評判の詳細


No.14 OCNモバイルONE

数あるMVNOの中でトップシェアを誇るのがOCNモバイルONEの格安SIMです。通信速度は平凡で月額料金は少し高いです。高速データを使い切ってしまった場合でも、200kbpsの低速モードを無制限に使えるという強みがあります。

月額料金データ容量
110MB/日コース900円110MB/日
3GB/月コース1100円3GB

OCN モバイル ONEの評価とネットの評判の詳細


No.15 Wonderlink

Wonderlink

PanasonicのWonderlinkの月3GBプランは、そこそこ安いのですがSMSオプションがありません。プランの変更もできず、余ったデータの繰越にも対応していません。おすすめではありません。

月額料金データ容量
(新)I-3Gシングル890円3GB

Wonderlinkの評価とネットの評判の詳細


No.16 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEは高速データ通信を無制限で使えるプランが有名ですが、1日110MB使えるプランもあります。ただし通信速度が遅めでSIMカードのサイズ変更もできません。

月額料金データ容量
定額ライトプラン、データSIM900円110MB/日

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


No.17 SkyLinkMobile

SkyLinkMobile

SkyLinkMobileは1日70MB(月2.1GB)使えるプランがありますが月額料金が980円します。知名度が低すぎて実際に出る通信速度は不明です。

月額料金データ容量
デイリーコース、データSIM980円110MB/日(超えると100kbps)

SkyLinkMobileの評価とネットの評判の詳細


No.18 0SIM

0SIM

実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランになります。通信速度は遅いです。月500MB未満なら無料で使うことができますが、月1GB以上になるとどんどん割高になっていきます。

月額料金データ容量
データ専用プラン1600円3GB(5GBまで同じ料金)

0SIMの評価とネットの評判の詳細


順位未定 インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけです。社内ネットワークへのセキュアなアクセスや、遠隔地の監視システムの構築などに固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

月額料金データ容量
3GBまで高速プラン2500円3GB

インターリンクLTE SIMの評価とネットの評判の詳細


評価外 もしもシークス

もしもシークス

もしもシークスのデータプランの月額料金は割高なのでおすすめではありません。事務手数料が5000円かかるのにくわえて、12ヶ月未満に解約した場合は1万円の解約手数料がかかります。

月額料金データ容量
データプラン、データSIM1580円3.5GB

もしもシークスの評価とネットの評判の詳細

データ量別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

↑このページの先頭に戻る