月3GB使える格安SIMを選ぶポイントとおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMで最も定番のデータ量が月3GBです。

元々は格安SIMは月2GBのデータ量が定番だったのですが、2015年4月に2GBのプランが料金据え置きで3GBに増量されて、それ以降は月3GBが標準的なデータ量になりました。

自分が使っているデータ量がよくわからない人は、とりあえず3GBのプランにしておくのが無難な選択です。

ちなみに、自宅にWiFiがあるかないかで、月に使うデータ量が大きく変わってきます。

自宅にWiFiがある場合は、一般的な使い方なら月3GBがちょうど良い可能性が一番高いです。安全策を取るなら月5GB前後です。外ではあまりスマホを使わない場合や、節約志向が強い場合は、月1GBプランを選ぶのもありです。

自宅にWiFiがない場合は、データがより多く必要になるので、一般的な使い方なら月5GB〜7GBぐらいがちょうど良い可能性が高いです。そんなにスマホを使わない場合は月3GBがちょうど良い感じになります。ほとんどスマホを使わない場合は月1GBで大丈夫です。

自分に必要なデータ量の目安は、使うデータ量ごとの格安SIMの選び方にも記載してあるのでそちらも参考にしてみてください。

その他のデータ量の選ぶポイント
高速データなし / 月1GB / 月2GB / 月4GB以上 / 無制限

月3GB使える格安SIMを選ぶポイント

選ぶポイントは月額料金、キャンペーンの有無、実際に出る通信速度です。月額料金とキャンペーンの有無はわかりやすいのですが、実際に出る通信速度がかなりの曲者です。

格安SIM各社で理論上での最高速度は300Mbpsと記載せれていますが、実際に出る通信速度はそれよりも大幅に低下します。加えて、実際に出る通信速度が速い格安SIMと遅い格安SIMとでは、速度の差が100倍くらいあったりします。

そのため、このサイトでは格安SIMを20枚以上契約して、毎月定期的に細かく通信速度の計測を行なっています。その結果、速度が出やすい格安SIMは下記になっています。

2017年6月14日(平日水曜日)の格安SIMとWiMAX 2+の通信品質ランキング

超速い 1位 UQ mobile
2位 BIGLOBE WiMAX 2+ワイモバイル
3位 なし
4位 LINEモバイル(暫定順位)
比較的速い 5位 なし
6位 mineoのauプラン、mineoのドコモプラン、IIJmioのタイプA、NifMoDMMモバイルエキサイトモバイルイオンモバイルのタイプ1、イオンモバイルのタイプ2
普通 7位 楽天モバイルの新新APN、Umobile、DTI SIM、IIJmioのタイプD
少し遅い 8位 楽天モバイルの新APN、FREETEL、TONEモバイル(高速)
遅い 9位 BIGLOBE SIM、OCNモバイルONE
論外 10位 nuroモバイル、ロケットモバイル、おかわりSIM、TONEモバイル(通常)
スーパークズ 0SIM

最新の通信品質ランキングと実際に出る通信速度の詳細を読む

速度が出やすい格安SIMは時期により変動する場合が多々あります。格安SIMとWiMAX 2+の実際に出る通信速度の記録に、過去の計測結果の記録も掲載しているので、そちらも参考にしてみることをおすすめします。

データをたくさん使う場合は、実際に出る通信速度はかなり重要になってきますが、月3GBくらいだと、そこまで重視しなくても大丈夫です。普通、もしくは少し遅い速度以上を選んでみてください。

どの程度の通信速度が必要かは、本当に必要な通信速度の話にも記載しているので参考にしてみてください。

この他にも、月額料金、選べるデータ量の数、キャンペーンのお得度、あと低速モードの有無も少し評価ポイントになります。それら全てを総合的に評価して、下記におすすめ順にランキングしているので参考にしてみてください。

月3GB使える格安SIMのお勧めランキング

No.1 UQ mobile

UQ mobile

格安SIMの中で通信速度が一番速いのがau系のUQ mobileです。通信速度がとにかく速く、速度も全時間帯で安定しています。月に使うデータ量が3GB以内の人はUQ mobileを第一候補にするのが良いと思います。難点は月に使えるデータ量の選択肢が少ないことです。auのスマホを持っている場合やauの白ロムでも気にしない人に特におすすめの格安SIMです。

月額料金データ量
データ高速プラン(SMS機能込み)980円3GB
データ高速+音声通話プラン1680円

長期契約中のUQ mobileの詳細評価

公式サイト → UQ mobile


No.2 エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になります。実際に出る通信速度も比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制なので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。

SIM1枚コース月額料金データ量
データSIM880円3GB
音声通話付き(通話SIM)1580円
エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細、格安SIMまたは格安スマホの購入でキャッシュバックと月額割引

エキサイトモバイルでは、2017年7月3日までキャンペーンで格安スマホと通話SIMのセットで1万100円のキャッシュバック、データSIMとのセットだと2400円(400円x6ヶ月)、格安SIMだけ申し込む場合は1600円(400円x4ヶ月)の月額割引がもらえるキャンペーンを実施しています。
キャンペーンの詳細を見る

長期契約中のエキサイトモバイルの詳細評価

公式サイト → エキサイトモバイル


No.3 NifMo

NifMo

NifMoの実際に出る通信速度は比較的速く、高額キャッシュバックで格安SIMや格安スマホが割安に手に入る場合があります。月3GBのプランは平均的な月額料金ですが、3GB超のデータプランはかなり割安です。バリュープログラムという月額料金が割引になるサービスもあります。

月額料金データ量
データSIM900円3GB
音声通話対応(通話SIM)1600円
NifMo(ニフモ)のキャンペーンの詳細、格安SIMまたは格安スマホの購入で高額キャッシュバック

NifMo(ニフモ)では、nova、nova lite、P10 lite、P10 Plus、arrows M03、ZenFone 3、ZenFone 3 Max ZC553KL、ZenFone 3 Laserなどの格安スマホを購入すると最大2万1100円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

格安SIMだけなら最大1万5100円のキャッシュバックがもらえます。2017年6月30日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

長期契約中のNifMoの詳細評価

公式サイト → NifMoの格安スマホ / NifMoの格安SIM


No.4 mineo(マイネオ)

mineoはドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。通信速度もそこそこ速く、家族割(月額50円引)や複数回線割(月額50円引)があるので、多人数で使う場合におすすめの格安SIMになります。

ドコモプラン月額料金データ量
シングルタイプ(データSIM)900円3GB
デュアルタイプ(通話SIM)1600円
auプラン月額料金データ量
シングルタイプ(データSIM)900円3GB
デュアルタイプ(通話SIM)1510円
マイネオのキャンペーンの最新情報とオススメの格安スマホとタブレット

mineoでは、デュアルタイプ(音声通話SIM)を2017年7月18日までに申し込むと月額料金が3ヶ月間800円引き(合計2400円)になるキャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細を見る

長期契約中のmineoの詳細評価

公式サイト → mineo


No.5 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは初月無料になったり、格安スマホがかなり割安に買えるキャンペーンを行っています。通話SIMの場合は、楽天市場でもらえるポイントが2倍になります。新しいスマホが必要な場合や楽天市場をよく使う場合に、楽天モバイルを検討してみてください。

月額料金データ量
データSIM900円3.1GB
通話SIM1600円
楽天モバイルのキャンペーンの詳細、大幅割引中のおすすめの格安スマホ

楽天モバイルでは、2017年7月13日まで格安スマホが大幅割引価格で買えるキャンペーンセールを行っています。

割引対象スマホ:nova lite、nova、P9lite、honor8、Mate 9、arrows M03、ZenFone 3、ZenFone 3 Laser、ZenFone 3 Max、ZenFone 3 Ultra、ZenFone Go、ZenFone Max、AQUOS SH-M04、AQUOS SH-RM02、AQUOS mini SH-M03、ZTE AXON 7、P10 lite、P10、P10 Plus
キャンペーンの詳細を見る

長期契約中の楽天モバイルの詳細評価

公式サイト → 楽天モバイル


No.6 DMMモバイル

DMM mobile

月に3GB使えるデータSIMで月額料金が最安値レベルなのがDMMモバイルの格安SIMです。値段が安いだけでなく、データ容量の選択肢がたくさんあるのでデータ容量が多すぎたり少なすぎたりする場合でも簡単に変更できます。実際に出る通信速度も速めです。

月額料金データ量
データSIM850円3GB
通話SIM1550円

長期契約中のDMMモバイルの詳細評価

公式サイト → DMM mobile


No.7 LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルのはLINE(年齢認証可)などのSNS系のサービスをデータ消費なしで使うことができます。月額料金が少し高く設定されていますが、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムを良く使う場合にオススメの格安SIMです。通信速度も比較的速めです。

コミュニケーションフリー月額料金データ量
データSIM+SMS1110円3GB
通話SIM1690円

※ LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムの利用時のデータ消費なし

LINEモバイルのキャンペーンと格安スマホの詳細情報、データ量が2ヶ月間3GB増量

LINEモバイルでは、2017年8月31日までに格安SIMまたは格安スマホのセットを申し込むと、使えるデータ量が2ヶ月間3GB増量するキャンペーンを行なっています。(LINEフリープランは対象外です)
キャンペーンの詳細を見る

長期契約中のLINEモバイルの詳細評価


No.8 IIJmio

IIJmio

長年速い通信速度を維持していたことから高い信頼性を得ているのがIIJmioの格安SIMです。派手なキャンペーンや割引はほとんどありませんが、MVNO業界2位のシェアを占めています。信頼性を重視する人にはIIJmioがおすすめです。

月額料金データ量
データSIM900円3GB
みおふぉん(通話SIM)1600円
IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、最大1万円分のAmazonギフト券プレゼント

IIJmioでは、2017年7月31日までに音声通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細を見る

長期契約中のIIJmioの詳細評価


No.9 FREETEL

FREETEL

FREETELは使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制のプランになっています。LINEモバイルと同じく、SNS系のサービスをデータ消費なしに使えますが、FREETELの通信速度は遅いのでオススメではありません。

月額料金データ量
データ専用(データSIM)900円3GB
音声通話付(音声SIM)1600円

※ LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムの利用時のデータ消費なし

長期契約中のFREETELの詳細評価


No.10 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMのデータSIMの月額料金は最安値レベルですが、通信速度が遅くなったり普通になったりと不安定です。通信速度の信頼性は低めです。ただ、月3GBのデータSIMなら半年間無料で使えるので、格安SIMをちょっと試したい場合にオススメです。

月額料金データ量
データSIM 半年お試し0円(7カ月目以降840円)3GB
音声プラン(通話SIM)1490円

長期契約中のDTI SIMの詳細評価


No.11 BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMの強みは大容量のプランにあるので、月3GB以下のプランの場合は強みは特にありません。ただ、BIGLOBE SIMを申し込むと、BIGBLOE WiMAX 2+の月額料金が200円引きになるので、BIGLOBE SIMで一番安いプランに入って、大量のデータはWiMAX 2+を使うというやり方も。

月額料金データ量
データSIM900円3GB
音声通話SIM1600円

長期契約中のBIGLOBE SIMの詳細評価


No.12 OCNモバイルONE

OCN モバイル ONE

数あるMVNOの中でトップシェアを誇るのがOCNモバイルONEの格安SIMです。ただ、通信速度は平凡で、月額料金は少し高いです。240kbpsの低速モードを無制限に使えるとのが唯一の強みです。(+10分かけ放題が850円で使えます)

月額料金データ量
データSIM900円110MB/日
1100円3GB
音声対応(通話SIM)1600円110MB/日
1800円3GB

長期契約中のOCNモバイルONEの詳細評価


No.13 U-mobile

U-mobile

U-mobileの通信速度は遅くなったり速くなったりと、あまり安定性がありません。ダブルフィックスのプランだと使ったデータ量が月1GB以下なら680円、1GBを超えた場合は900円と少し安くできます。ただ、エキサイトモバイルならもっと安くできて、通信速度も安定して比較的速いのでU-mobileのオススメ度は低いです。

月額料金データ量
データ専用、ダブルフィックス(データSIM)通信量1GB以下680円、1GB超900円1GB~3GB
通話プラス、ダブルフィックス(通話SIM)通信量1GB以下1480円、1GB超1780円1GB~3GB
通話プラス、3GBプラン(通話SIM)1580円3GB

長期契約中のU-mobileの詳細評価


No.14 ロケットモバイル

ロケットモバイル(ロケモバ)

ロケットモバイルの月額料金は安いのですが、実際に出る通信速度が若干不安定です。キャンペーンも少なめです。格安スマホの販売も行っていません。そんなに悪い格安SIMではなさそうですが、特にこれ!という感じのものがないので・・・。スマホをほとんど使わない場合は、一番安く維持することができます。

月額料金データ量
データSIM840円3GB
通話SIM1400円

契約中のロケットモバイルの詳細評価


No.15 トーンモバイル(TONEモバイル)

TONEモバイル

トーンモバイルの格安スマホは超丁寧なスマホガイドブックが付いてきます。現在地確認やアプリのインストール制限、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などを簡単に利用することができます。子供用のスマホとしてはオススメですが、実際に出る速度も遅く格安スマホの性能も悪いので高校生以上や大人にはオススメではありません。

基本プラン月額料金データ量
データSIM1000円無制限、公称500kbps~600kbps
+3G音声オプション(通話SIM)1953円

基本プランでは動画は見れないので、1GB300円の高速チケットを購入する必要があります。

無制限と記載されていますが、実際には無制限には使えません。このサイトでテストした結果、3日間で480MB程度が実際に使えるデータ量でした(テスト日:2017年3月22日)

長期契約中のトーンモバイルの詳細評価


No.16 GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBの格安SIMは、BIGLOBE SIMの設備を使っています。月額料金はBIGLOBE SIMよりも安いですが、実際に出る通信速度もBIGLOBE SIMレベルです。月額料金は安いですが、公式サイトがほとんど更新されていない放棄した感じなので、選ばない方が良いです。

月額料金データ量
データSIM780円3GB
通話SIM1480円

GMOとくとくBBの格安SIMの詳細評価


No.17 おかわりSIM / b-mobileの高速定額

b-mobile

おかわりプランやライトプランを含む日本通信の個人向けのMVNOはU-mobileに身売りされてしまい、今後どうなるのかわからないので今からわざわざ選ばない方が良いです。

データSIM月額料金データ量
ライトプラン1180円3GB
おかわりSIM1000円

音声通話SIM(音声付きSIM)の場合 +800円/月

長期契約中のおかわりSIMの詳細評価


No.18 nuroモバイル

nuroモバイル

nuroモバイルの月額料金は普通レベルですが、3日間で使えるデータ量が非常に厳しく制限されています。例えば2GBプランは、3日間で250MB以上使うと通信速度が厳しく制限され、まともに使えなくなります。この制限は格安SIMの中でも圧倒的に厳しい制限になっているので、使わない方がいいです。

月額料金データ量
データSIM900円3GB
通話SIM1600円

長期契約中のnuroモバイルの詳細評価


No.19 0SIM

0SIM

実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランになります。月500MB未満なら無料で使うことができますが、通信速度が恐ろしく遅いです。

月額料金データ量
データ専用プラン1600円3GB(5GBまで同じ料金)
音声プラン(通話SIM)2300円

長期契約中の0SIMの詳細評価

データ量ごとの選ぶポイントとおすすめランキング

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る