格安SIMカードの一覧 (MVNOのリスト)

最終更新日 / 作成日 2015年3月18日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

MVNOが提供している格安SIMカードの一覧になります。

ちょっぴり用語解説
MVNO: 読み方はエムブイエヌオー、英語だとMobile Virtual Network Operator、日本語だと仮想移動体通信事業者。何のことを言っているのかというと、格安SIMを提供している会社のことをMVNOといいます。例えばDMM mobileやIIJmioなどをMVNOといいます。

MVNOは基本的にドコモの回線と設備を使って携帯電話サービスを提供しています。(auの回線を使っているMVNOも2つだけあります)


DMM mobile

DMM mobile

DMM mobileは月額料金を重視する人におすすめのMVNOです。スマホ初心者やライトユーザ、一般ユーザにオススメです。月額料金が業界最安値レベルでプランも豊富で途中でプランの変更もできるので柔軟に使うことができます。実際に出る通信速度も比較的速めです。とりあえず選んでおいて損はない格安SIMです。

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細


NifMo

NifMo

NifMoはドコモ系の格安SIMで通信速度が一番速く安定しています。ただし、たまにかなり通信速度が遅くなる期間がある場合もあります。月額料金はそんなに安くはないのですが、キャシュバックを行っている場合があります。通信速度を重視する場合に、おすすめの格安SIM/格安スマホです。

NifMoの評価とネットの評判の詳細


楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの通信速度は遅めですが、キャンペーンをしょっちゅうやっているので格安スマホを安く手に入れることができます。初月無料や、通話SIMを申し込むと楽天市場での買い物でもらえるポイントがずーと2倍になる特典がもらえます。楽天市場を使う場合は楽天モバイルが一番おすすめです。

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細


IIJmio

IIJmio

MVNO業界でシェア2位を占めるのがIJmioの格安SIMです。IIJmioの最大の特徴はその高い信頼性です。多くのMVNOはユーザ数が増えるにつれて通信速度が低下していきますが、老舗のIIJmioは多くのユーザを抱えながら比較的速い通信速度を維持しています。IIJmioは価格破壊のパイオニアでもあります。そこそこの低価格と高い信頼性を重視する人におすすめです。

IIJmioの評価とネットの評判の詳細


OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

MVNOの中でトップシェアを誇るのがOCN モバイル ONEです。知名度はありますが、月額料金や通信速度の面で他よりも一歩出遅れています。ただし支払いは口座振替に対応しています。月額料金は少し高めですが、050plusを無料または半額で利用できるので、050plusを使う場合は少しだけ割安になります。

OCN モバイル ONEの評価とネットの評判の詳細


UQ mobile

UQ mobile

最高の格安SIM、それがUQ mobileです。UQ mobileはau回線を使っていて通信速度がとにかく速く、速度も全時間帯で安定して通信品質が最高の格安SIMです。月に使うデータ量が3GB以内の人や、auのスマホを持っている人やauの白ロムでも気にしない人に特にオススメの格安SIMになっています。

UQ mobileの評価とネットの評判の詳細


U-mobile: ユーモバイル

U-mobile

U-mobileには高速データ通信(LTE)を無制限に使えるプランがあります。月2480円でLTEが使い放題です。ただし、使い放題といっても、実際に使えるデータ量は限られているので注意が必要です。他には使ったデータ量に応じた月額料金になる2段階制の料金プランがあります。

U-mobileの評価とネットの評判の詳細


Ymobile(ワイモバイル)

Y!mobile

Y!mobileだと10分以内の通話が月300回まで無料で使うことができます。10分以内の通話をたくさんする人の場合はそこそこおすすめですが、実際に計算してみると割安に使える条件はかなり厳しくなっています。

Ymobileの評価とネットの評判の詳細


エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になっています。1GBごとの従量制(最適料金プラン)になっているので、月額料金を簡単に一番安くすることができます。SIM3枚コースが安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使える格安SIMになっています。

エキサイトモバイルの評価とネットの評判の詳細


FREETEL

FREETELは1万円台の格安スマホを作って売りながら格安SIMのサービスも行っています。1GB以下だと月額料金最安値で使えるのでライトユーザにおすすめの格安SIMです。実際に出る通信速度も格安SIMの中でも速いです。キャンペーンで月額料金を割引していることがよくあります。

FREETELの評価とネットの評判の詳細


Wonderlink

Wonderlink

PanasonicのWonderlinkは通信速度700kbpsを無制限に使えるプランがあります(月額料金1580円、1日1GBまで)。SMS機能や音声通話SIMはありません。データSIMだけです。データ繰越なし、プラン変更不可などの制限があるので利用には注意が必要です。

Wonderlinkの評価とネットの評判の詳細


BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは月6GBと12GBのプランを割安に使うことができます。データSIMなら口座振替で支払えます。月額650円で月60分の通話が無料になる通話パック60を提供しています。電話を毎月30分以上するする人におすすめの格安SIMです。通信速度は時期によってまちまちです。

BIGLOBE SIMの評価とネットの評判の詳細


SkyLinkMobile

SkyLinkMobile

エレコムが手がけるSkyLinkMobileの格安SIM。知名度は低いですが、月780円で300kbpsが使えるコースとIP電話の組み合わせが少しだけ需要がありそうです。

SkyLinkMobileの評価とネットの評判の詳細


b-mobile(おかわりSIM+高速定額)

b-mobile

MVNO業界でシェア5位または6位になるのが日本通信のb-mobileです。b-mobileには無制限に高速データが使えるプランがありますが通信速度がかなり遅いので利用には注意が必要です。使ったデータ量に応じて月額料金が変わる、おかわりSIMはそこそこ割安です。

b-mobileの評価とネットの評判の詳細


mineo

mineoはauの回線を使った格安SIM(auプラン)とドコモの回線を使った格安SIM(ドコモプラン)の両方を提供しています。月額料金もそこそこ安く、余ったデータをもらったりあげたりできます。通信速度は普通レベルですが、家族みんなで入ると便利な機能がいくつもあります。(auプランの通信速度は比較的速いです)

mineoの評価とネットの評判の詳細


ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEには高速データ通信を無制限で使えるプランがあります。月額料金は2760円と高めですが、Youtube等の動画サイトを毎日2時間以上見るような人におすすめの格安SIMになっています。ただし、通信速度が不安定で遅いので、平日の夜などはまともに見れなかったりする場合があります。

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


0SIM

0SIM

0SIMの通信速度は遅いですが、データSIMなら月500MBまで無料で使うことができます。データを3ヶ月全く使わない場合は、強制的に解約になるので少し注意が必要です。スマホをほとんど使わない超ライトユーザにオススメです。

0SIMの評価とネットの評判の詳細


SANNET LTE

SANNET LTE

SANNET LTEは月額料金が高いですが、無制限で高速データ通信が24時間使える300円のクーポンがあります。無制限クーポンを毎月1回3GB以上使えればお得な格安SIMです。※新規ユーザの申し込みは終了しました

SANNET LTEの評価とネットの評判の詳細


インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIMだと固定IPがもらえます。格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけなのでモバイル環境での固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

インターリンクLTE SIMの評価とネットの評判の詳細


Tikiモバイル

Tikiモバイル

TikiモバイルのSMSなしのデータSIM(月3GB)は年払いならゆうちょ・コンビニ振込での支払いを受け付けています。月額料金もそこそこ安いのですが知名度はかなり低いです。

Tikiモバイルの評価とネットの評判の詳細


ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEには月額452円で250kbpsが無制限に使える上に、無料の公衆無線LANがついてきます。近くに使えるWiFiスポットがあって250kbpsでも問題ない場合にオススメです。その他、月額1556円で最高3Mbpsが無制限に使えるプランもありますが、実際に出る通信速度は?です。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの評価とネットの評判の詳細


TONE(トーンモバイル)

TONE(トーンモバイル)

TONE(トーンモバイル)はツタヤが展開する格安スマホです。手厚いサポートが受けられる反面、TONEの格安スマホが少し割高で2年以内に解約すると9800円の違約金があります。スマホに苦手意識がある場合や、手厚いサポートを希望する人にTONEがおすすめです。

トーンモバイルの評価とネットの評判の詳細


もしもシークス

もしもシークス

もしもシークスは初めて無料通話時間付きのプランを開始したMVNOです。月額1800円のオプション料金でかけ放題を使うことができます。ただし、1日のうちに同一の相手に60分以上かけられないので注意が必要がです。

もしもシークスの評価とネットの評判の詳細


DTI SIM

DTI SIM

DTIの格安SIMは運営会社が別会社に変わった初めて格安SIMです。月額料金がそこそこ安いです。無制限で使えるプランが新設されたので、それが原因で回線が圧迫して通信速度が低下する可能性があります。

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細


イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルはイオンの実店舗で申し込みや修理を受け付けています。月額料金も安く、通信速度もそこそこ速めです。格安スマホは割高なので、格安SIMのみの申し込みが狙い目です。

イオンモバイルの評価とネットの評判の詳細


GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBの格安SIM

WiMAX 2+のプロバイダーで有名なGMOとくとくBBも格安SIMサービスを行っています。音声SIMはBIGLOBE SIMからの借りものですが、BIGLOBE SIMの月額料金よりも割と安いです。データSIMは、繰越なしで3日間の厳しいデータ制限があるのでオススメではありません。

GMOとくとくBBの格安SIMの評価とネットの評判の詳細

↑このページの先頭に戻る