格安SIMの一覧 (主要なMVNOの評価リスト)

最終更新日 / 作成日 2015年3月18日 / 作成者 格安SIMの管理人

MVNOが提供している格安SIMカードの一覧になります。

ちょっぴり用語解説
MVNO: 読み方はエムブイエヌオー、英語だとMobile Virtual Network Operator、日本語だと仮想移動体通信事業者。何のことを言っているのかというと、格安SIMを提供している会社のことをMVNOといいます。例えばDMM mobileやIIJmioなどをMVNOといいます。

MVNOは基本的にドコモの回線と設備を使って携帯電話サービスを提供しています。(auの回線を使っているMVNOも3つだけあります)

一定以上の知名度とユーザ数を抱えているMVNO

UQ mobile

UQ mobile

最高の格安SIM、それがUQ mobileです。UQ mobileはau回線を使っていて通信速度がとにかく速く、速度も全時間帯で安定して通信品質が最高の格安SIMです。月に使うデータ量が3GB以内の場合や、通信速度を最重視する場合、auのスマホを持っている人に特にオススメの格安SIMです。

UQ mobileの詳細評価


UQ mobileのおしゃべり/ぴったりプラン

UQ mobileのおしゃべりプラン

UQ mobileのおしゃべりプランは、通信速度最高のUQ mobileに5分かけ放題がついたプランです。ぴったりプランは5分かけ放題の代わりに、月60分〜180分の無料の通話時間がもらえます。通常のUQ mobileだと使えるデータ量は月3GBですが、おしゃべり/ぴったりプランなら2年間は月2GB〜14GBまで使うことができます。実質ゼロ円で手に入る格安スマホが多数あります。

UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめ


DMMモバイル

DMM mobile

DMMモバイルは月額料金を重視する人におすすめのMVNOです。スマホ初心者やライトユーザ、一般ユーザにオススメです。月額料金が業界最安値レベルでプランも豊富で途中でプランの変更もできるので柔軟に使うことができます。実際に出る通信速度も比較的速めです。とりあえず選んでおいて損はない格安SIMです。

DMMモバイルのキャンペーンの詳細とお勧めの格安スマホ、契約手数料ゼロ円+Amazonギフト券最大3000円分プレゼント

DMMモバイルでは、格安SIMを申し込むと通常かかる契約手数料3000円が無料になるキャンペーンを行なっています。通話SIMを申し込むとAmazonギフト券3000円分、データSIMなら1000円分もらえるキャンペーンも行っています。11月30日までのキャンペーンです。

Amazonギフト券は当初は10月末まででしたが、期間未定で延長になりました。
キャンペーンの詳細を見る

DMMモバイルの詳細評価


エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になっています。1GBごとの従量制(最適料金プラン)になっているので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。SIM3枚コースが安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使える格安SIMになっています。

エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細、格安SIMまたは格安スマホの購入でキャッシュバック

エキサイトモバイルでは、2017年11月1日まで通話SIM、もしくは格安スマホと格安SIMのセットで申し込むと1万円のキャッシュバック、データSIMのみの場合でも7000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しています。
キャンペーンの詳細を見る

エキサイトモバイルの詳細評価


IIJmio

IIJmio

MVNO業界でシェア2位を占めるのがIJmioの格安SIMです。IIJmioの最大の特徴はその高い信頼性です。多くのMVNOはユーザ数が増えるにつれて通信速度が低下していきますが、老舗のIIJmioは多くのユーザを抱えながら比較的速い通信速度を維持しています。従来のドコモ回線(タイプD)に加えて、au回線(タイプA)の格安SIMも提供しています。

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、最大1万円分のAmazonギフト券+月額料金1年間最大500円引き

IIJmioでは、2017年11月6日までに音声通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のAmazonギフト券がもらえて、月額料金が1年間最大500円引き(合計6000円引き)になるキャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの詳細評価


イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルはWebサイトの他に、イオンの実店舗でも申し込みや修理を受け付けています。月額料金も安く、通信速度もそこそこ速めです。格安スマホは割高なので、格安SIMのみを申し込み場合に狙い目です。

イオンモバイルの詳細評価


mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

mineoはauの回線を使った格安SIM(auプラン)とドコモの回線を使った格安SIM(ドコモプラン)の両方を提供しています。月額料金もそこそこ安く、余ったデータをもらったりあげたりできます。通信速度も比較的速く、家族みんなで入ると便利な機能がいくつもあります。

マイネオのキャンペーンの最新情報とオススメの格安スマホとタブレット

mineoでは、デュアルタイプ(音声通話SIM)を2017年11月9日までに申し込むと月額料金が1年間900円引き(合計1万800円引き)になるキャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細を見る

mineoの詳細評価


NifMo

NifMo

NifMoはドコモ系の格安SIMで通信速度が比較的速く安定しています。月に使えるデータ量の選択肢は多くはないですが、ゲームアプリをダウンロードすると月額料金を割引てもらえたりします。格安スマホや格安SIMを購入すると高額のキャッシュバックを行なっていることが多いです。通信速度を重視する場合や、新しいスマホが必要な場合におすすめです。

NifMo(ニフモ)のキャンペーンの詳細、格安SIMまたは格安スマホの購入で高額キャッシュバック

NifMo(ニフモ)では、nova、nova lite、P10 lite、P10 Plus、arrows M04、ZenFone 4、ZenFone 3、ZenFone 3 Max ZC553KL、ZenFone 3 Laser、ZenFone ARなどの格安スマホを購入すると最大2万100円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

格安SIMだけなら最大1万5100円のキャッシュバックがもらえます。2017年10月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

NifMoの詳細評価


LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEとTwitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。月額料金が少し高く設定されているので、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムを使うことが多い場合は、データの節約ができるので割安に使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるので、他の格安SIMではできないID検索をすることができます。

LINEモバイルのキャンペーンと格安スマホの詳細情報、データ量が2ヶ月間3GB増量

LINEモバイルでは、2017年11月30日までに格安SIMまたは格安スマホのセットを申し込むと、使えるデータ量が2ヶ月間3GB増量するキャンペーンを行なっています。(LINEフリープランは対象外です)
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの詳細評価


OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

MVNOの中でトップシェアを誇るのがOCN モバイル ONEです。知名度はありますが、月額料金や通信速度の面で他よりも一歩出遅れています。月額料金は少し高めですが、電話代を安くできる通話オプションが豊富で、実測230kbpsの低速モードを無制限に使うことができます。

OCN モバイル ONEの詳細評価


楽天モバイル

楽天モバイル

通話SIMは楽天市場でもらえるポイントがずーと2倍になる特典がもらえます。以前はキャンペーンで格安スマホが超割安に買えましたが、現在はスーパーホーダイを申し込む場合にだけ割引が適用されます。組み合わせプランは、通話SIMを選ぶ場合で楽天市場をよく使う場合に検討してみてください。

楽天モバイルの詳細評価


楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天モバイルのスーパーホーダイは、最大1Mbpsの低速モードが使い放題で、5分かけ放題がついた通話SIMのプランです。月額料金が1980円(2年目2980円)から使うことができます。動画をたくさん見る場合にオススメのプランです。楽天市場でもらえるポイントがずーと2倍になる特典ももらえます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価


BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは音声通話SIMの3GB以上のプランなら、月額480円のオプションでYoutubeやAmebaTVが無制限で見ることができます。YoutubeやAmebaTVをたくさん見る場合にオススメの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大2万円キャッシュバック+料金3000円引き

BIGLOBEモバイルでは、月3GB以上のプランで下記のキャッシュバックを行なっています。通話SIMのみで1万6400円、データSIMのみで3600円、通話SIMと格安スマホのセットで2万円、データSIMと格安スマホのセットで1万2000円。

月3GB以上の通話SIM、もしくは通話SIMと格安スマホのセットで、月額料金の支払いに使える3000円分のGポイントをもらうことができます。2017年12月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBE SIMの詳細評価


U-mobile: ユーモバイル

U-mobile

U-mobileには高速データ通信(LTE)を無制限に使えるプランがあります。月2480円でLTEが使い放題です。ただし、使い放題といっても、実際に使えるデータ量は限られていて、速度も不安定なので注意が必要です。他には使ったデータ量に応じた月額料金になる2段階制の料金プランがあります。U-mobile Sなら実際に出る通信速度はかなり速いです。

U-mobileの詳細評価


Ymobile(ワイモバイル)

ワイモバイル

ワイモバイルは実際に出る通信速度がUQ mobile並みに超速く、10分かけ放題が付いてきます。ただし、UQ mobileと異なり、余ったデータの繰越はなし、低速モードへの切り替えもできず、データを使い切ると128kbpsの低速に制限されてしまいます。データの使い勝手は悪いですが、ヤフーショッピングでもらえるポイントが増えるので、ヤフーショッピングでよく買い物をする場合に検討してみてください。

ワイモバイルの詳細評価


FREETEL

FREETEL

FREETELは1万円台の格安スマホを作って売りながら格安SIMのサービスも行っています。1GB以下だと月額料金最安値レベルで使えますが、実際に出る通信速度がよくありません。スマホを使わない場合、最安値クラスで維持できるので、海外滞在などでスマホを長期間使わないことがよくある場合にオススメです。

FREETELの詳細評価


QTmobile(QTモバイル)

QTモバイル

QTモバイルの強みは、端末補償サービス(ワイド)に入れば月500円でスマホやタブレットを5台まで保証してくれることです。複数台のスマホやLTE対応タブレットを使う場合で保証をつけたい場合に安くすることができます。ドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。

QTモバイルの詳細評価


nuroモバイル

nuroモバイル

nuroモバイルは2GBから1GB刻みで月に使うデータを選択することができます。月額料金も安いのですが、実際に出る通信速度が不安定です。1日5時間まで無制限でデータを使えるプランや、深夜だけ高速データ通信が無制限に使えるプラン、データ前借りなどのユニークなサービスを展開しています。

nuroモバイルの詳細評価


0SIM

0SIM

0SIMの通信速度はとてつもなく遅いですが、データSIMなら月500MBまで無料で使うことができます。データを3ヶ月全く使わない場合は、強制的に解約になるので少し注意が必要です。基本的に使わないほうがいいですが、スマホをほぼ全く使わない超ライトユーザの場合に少しだけ検討してみてください。

0SIMの詳細評価


DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMは月額料金が安く実際に出る通信速度は普通レベルです。月3GBのデータSIMを半年間無料で使うことができるので、格安SIMをちょっと使ってみたい人にオススメです。月額2200円で無制限プランもあるので、格安SIMでデータをたくさん使いたい場合にも検討してみてください。ただし、無制限プランの実際に出る通信速度は遅めなので注意が必要です。

DTI SIMの詳細評価


TONE(トーンモバイル)

TONE(トーンモバイル)

TONE(トーンモバイル)はツタヤが展開する格安スマホです。手厚いサポートが受けられる反面、TONEの格安スマホが割高で2年以内に解約すると9800円の違約金が発生します。スマホに苦手意識がある場合や、手厚いサポートを希望する人にTONEがおすすめです。主に子供とシニア向けの格安スマホです。

トーンモバイルの詳細評価

マイナーなMVNO

ロケットモバイル

ロケットモバイル

ロケットモバイルは実測130kbpsを無制限に使える神プランで有名な格安SIMです。神プランの月額料金は格安SIMの中でも最安値レベルです。ゲームアプリをダウンロードすると月額料金が安くなるサービスもあります。実際に出る通信速度が遅いので、スマホをほとんど使わない人や、低速モードでも大丈夫な人にオススメです。

ロケットモバイルの詳細評価


Wonderlink

Wonderlink

Wonderlinkは通信速度700kbpsを無制限に使えるプランがあります(月額料金1580円、1日1GBまで)。SMS機能や音声通話SIMはありません。データSIMだけです。データ繰越なし、プラン変更不可などの制限があるので利用には注意が必要です。

Wonderlinkの詳細評価


b-mobile(おかわりSIM+高速定額)

b-mobile

その昔、MVNO業界でシェアトップだったのが日本通信のb-mobileです。今では見る影もないくらいにシェアを落としてしまいました。b-mobileには無制限に高速データが使えるプランがありますが通信速度がかなり遅いので利用には注意が必要です。使ったデータ量に応じて月額料金が変わる、おかわりSIMはそこそこ割安ですが、実際に出る速度が遅いです。

b-mobile(おかわりSIM+高速定額)の詳細評価


インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIMだと固定IPがもらえます。格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけなのでモバイル環境での固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

インターリンクLTE SIMの詳細評価


Tikiモバイル

Tikiモバイル

TikiモバイルのSMSなしのデータSIM(月3GB)は年払いならゆうちょ・コンビニ振込での支払いを受け付けています。月額料金もそこそこ安いのですが知名度はかなり低いです。

Tikiモバイルの詳細評価


もしもシークス

もしもシークス

もしもシークスは初めて無料通話時間付きのプランを開始したMVNOです。月額1800円のオプション料金でかけ放題を使うことができます。ただし、1日のうちに同一の相手に60分以上かけられないので注意が必要がです。

もしもシークスの詳細評価


GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBの格安SIM

WiMAX 2+のプロバイダーで有名なGMOとくとくBBも格安SIMサービスを行っています。格安SIMはBIGLOBE SIMからの借りものですが、BIGLOBE SIMの通常の月額料金よりも少し安いです。BIGLOBE SIMの場合、キャンペーンで通常の月額料金が割引になったりするので、GMOとくとくBBのお得度は微妙です。

GMOとくとくBBの格安SIMの詳細評価


スマモバ

スマモバ

スマモバは高速データ通信が3日間3GBまで使うことができるプランがあるのが特徴の格安SIMです。ただし、2年〜3年以内に解約やMNPをすると超高額な違約金がかかるので、十分注意して検討する必要がある格安SIM/格安スマホ/WiFiルーターになっています。

スマモバの詳細評価

潰れた/潰れそうなMVNO

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEは、以前は無制限プランは月3GBのプランなどもありましたが終了してしまいました。今では、月額452円で250kbpsの低速プランしかありません。そのうち新規受付を終了しそうです。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの詳細評価


SkyLinkMobile

SkyLinkMobile

SkyLinkMobileはエレコムが手がける格安SIMです。知名度が超低くて実際に使っている人がいるのかも、わからない格安SIMです。月780円で300kbpsが使えるコースとIP電話の組み合わせが少しだけ需要がありそうですが、そのうち新規受付を終了していそうな感じです。

SkyLinkMobileの詳細評価


SANNET LTE (終了)

SANNET LTE

SANNET LTEは月額料金が高いですが、無制限で高速データ通信が24時間使える300円のクーポンがありました。無制限クーポンを毎月1回3GB以上使えればお得な格安SIMでした。※新規ユーザの申し込みは終了しました

SANNET LTEの詳細評価


ぷららモバイルLTE (終了)

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEには高速データ通信を無制限で使えるプランがありました。月額料金は2760円と高めですが、Youtube等の動画サイトを毎日2時間以上見るような人におすすめの格安SIMになっていました。ただし、通信速度が不安定で遅いので、平日の夜などはまともに見れなかったりもしました。

ぷららモバイルLTEの詳細評価

↑このページの先頭に戻る