DMMモバイルの詳細評価&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較と評判

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

月額料金を重視する人にお勧めなのがDMMモバイルの格安SIMです。DMMモバイルの月額料金は他のMVNOの中で最安値水準でプランの数もMVNOで最多です。特に月1GBもデータを使わない場合は、DMMモバイルならかなり安く使い続けることができます。

利用料金の10%のポイントがもらえて、そのポイントで好きな電子書籍の漫画を読むこともできます。そして実際に出る通信速度も他の格安SIMより比較的速く安定しています。

このサイトでは、2015年4月からDMMモバイルを契約しています。定期的にDMMモバイルの通信速度の計測を行って、実際の通信品質の結果をDMMモバイルの評価に反映させています。

DMMモバイルの公式サイト

DMMモバイルのおすすめポイント

  • 月額料金が業界最安値水準
  • 割安な月1GBのプランがある
  • 選べるデータ量の数が豊富で変更可能
  • 実際に出る通信速度が比較的速い
  • 月250円のSNSフリーでSNS系アプリのデータ消費なしで使える
  • 利用料金の10%のポイントバックで漫画などの電子書籍が読める!
  • DMM光にすると月額料金が500円引き

DMMモバイルの注意点

  • SNSフリーの通信速度が致命的に遅い
  • 複数契約したい場合はシェアコースになる
  • シェアコースは複数のMNPを同時にできない

DMMモバイルの格安SIMプランと月額料金

シングルコース月額料金データ量
データSIM(データ通信SIM)440円ライト(200kbps)
480円1GB
770円2GB
850円3GB
1210円5GB
1860円7GB
1980円8GB
2190円10GB
3280円15GB
3980円20GB
通話SIM(通話対応SIM)1140円ライト(200kbps)
1260円1GB
1380円2GB
1500円3GB
1910円5GB
2560円7GB
2680円8GB
2890円10GB
3980円15GB
4680円20GB

シェアコースについて

1GB以上のデータ量を選ぶ場合は最大3枚でデータをシェアできます。(ライトプランはシェアコースは選べません)

1GB〜7GBのデータ量の場合、データSIMを1枚追加するごとに月300円の追加SIM利用料が発生します。8GB~20GBの場合は追加SIM利用料は発生しません。

通話SIMを追加する場合、1GB〜7GBのデータ量の場合は1枚につき月1000円、8GB以上の場合は1枚につき月700円が加算されます。

その他にかかる費用

契約事務手数料:3000円 (シェアコースで3枚申し込んでも3000円)
SIMカード準備料:394円/枚
通話SIMを13ヶ月以内に解約した場合は解約手数料9000円がかかります。

データSIMのSMS機能 1枚につき月150円

SIMサイズの変更 3000円
(参考記事:格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM)

シェアコースは最初に3枚申し込む場合は事務手数料3000円になります。最初に2枚申し込んで、後から1枚追加する場合は、追加SIMは1枚3000円がかかります。SIMカードは、それぞれにSIMカード準備料として394円/枚がかかります。

オプションの詳細
・安心パック 500円/月 (端末交換とセキュリティのセット)
・端末交換オプション 350円/月
・セキュリティオプション 250円/月 (セキュリティアプリ)
・DMM Wi-Fi by エコネクト 362円/月 (公衆無線LAN)
・スマート留守電 290円/月
・タブホ 500円/月

通話料金 30秒20円
・DMMトークを使うと30秒10円
・月額850円のオプション料金で国内通話10分かけ放題、1回の通話が10分を超えた場合は超過分は30秒10円

低速モードの詳細 (低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道)
・バースト転送あり
・低速3日間で366MBまで利用可、実測200kbps
・低速と高速の切り替えアプリあり

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限されます。200kbpsに制限された状態で3日で366MB超のデータ通信を行った場合、さらに通信速度が制限(20kbps)されます。ライト(200kbps)プランも3日で366MBのデータ通信を行うと通信速度が制限されます。

DMMモバイルはドコモ系の格安SIMです。

料金の詳細と申し込みはこちら → DMMモバイルの公式サイト

余ったデータ量は翌月に繰り越すことができ、もちろんテザリングも可能です。

DMMモバイルの速度と評価と他の格安SIMとの比較

DMM mobileの特徴は、業界最安値水準の月額料金と豊富なプランと月1GBプランの存在、ポイントバック10%、比較的速い通信速度、バースト機能、そして安定した運営にあります。

業界最安値水準の月額料金と豊富なプラン

DMMモバイルの高速データ通信容量は月0GB(200kbps)、1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GB、15GB、20GBの10種類から選ぶことができます。選べる数は業界最多です。1度プランを決めても後からでも簡単に変更できるので、自分にあったデータ容量がよくわからなくても問題ありません。

特に多くの人が使う、月1GB、2GB、3GBのプランを揃えていて、なおかつ業界で最安値水準です。

DMMモバイルの強み:月1GBのデータプランの存在

MVNOで月1GBのデータ量を選べる格安SIMは少ないです。月1GBがある場合でも月額料金がそんなに安くなく、実際に出る通信速度に難があったりします。

DMMモバイルなら、月1GBのデータ量を選ぶことができ、なおかつ業界最安値水準、そして実際に出る通信速度も比較的速いです。月1GBもデータを使わない場合、DMMモバイルがお勧め筆頭になります。

月1GB以上使うかもと思っている場合、実はMVNOユーザの4割は月1GBもデータを使っていません。

総務省の2016年のアンケート調査

電気通信市場検証会議(第4回)会議資料 PDF

参考:格安SIMに必要なデータ量の目安

4割の人が月1GB未満です。範囲を月2GB未満にすると、6割の格安スマホユーザが該当することになります。

※ アンケート調査は少し古い資料ですが、消費するデータ量が年々増えることを考慮しても2018年現在でも半分くらいの格安スマホユーザは月2GB未満だと思われます。

MVNOの格安SIMのデータ量は月1GBや2GBを選ぶことができず、最低でも月3GBからのところが結構あります。DMMモバイルなら月1GBや2GBも選ぶことができるので、そのぶん安く使うことができます。

10%のポイントバックで電子書籍などの漫画がタダで読める!

DMM mobileのもう一つの強みは月額料金の10%のポイントがもらえることです。クレジットカードで支払うと追加で1%もらえるので、実際には11%のポイントになります。

DMM mobileの月額料金は業界最安値水準ですが、10%のポイントバックをうまく利用すれば、格安SIMの中でも相当お得度の高いサービス内容になります。

ポイント付与対象
・新規契約、SIM発行手数料
・月額基本料金
・通話料、SMS送信料
・追加チャージ料

※ ほとんどの支払い料金がポイント対象になりますが、格安スマホの本体代金はポイント対象にはなりません。

もらったポイントはDMMモバイルの支払いには使えませんが、DMM.comの大半のサービスで使うことができます。

使い勝手が良いのが電子書籍、動画、PCゲーム等です。電子書籍は大半の漫画は揃っていると思います。3ヶ月くらいポイントを貯めておけば、1冊くらい電子書籍が無料で読める感じになります。

ポイントの有効期限は3ヶ月

ポイントの有効期限は元々は1ヶ月でしたが、期間限定という名目で2016年11月からポイントの有効期限が3ヶ月になって、2018年ごろに期間限定キャンペーンではなく、正式に有効期限が3ヶ月に延長になりました。

ポイントは月初にもらえて、有効期限は3ヶ月です。具体的には例えば、2月1日にポイントをもらうと、5月1日が有効期限になります。この場合、2月、3月、4月分のポイントを貯めて使うことができます。

DMM mobileの月3GBの通話SIMの月額料金は1600円です。契約すると毎月160ポイントもらえます。1ヶ月だけだと電子書籍の購入の足しくらいしかなりませんが、3ヶ月貯めれば480ポイントです。これでだいたいの漫画が1冊無料で読めます。

さらにDMMで電子書籍を購入すると30%〜50%のポイント還元を結構行っています。ポイントを使用して電子書籍を購入する場合でもポイント還元がもらえます。

例えば、500円の電子書籍が50%還元になっていた場合、500ポイントを使用して購入した場合でも250ポイントもらえます。さらに、その時にもらった250ポイントの有効期限は半年です。

DMMモバイルでポイントを貯めて、有効期限切れのポイントが迫ってきたらポイント還元のある電子書籍を購入。かなりコスパが良いです。有効期限切れのポイントが迫ってきた場合は、メールで知らせてくれます。

DMMポイント10%還元の詳細はこちら → DMMモバイルの公式サイト

DMMモバイルを契約する場合は、ポイントをうまく利用することを強くオススメします。

参考:DMMモバイルでポイントを貯めて、DMMの商品を購入してみる

実際に出る通信速度は比較的速く安定している

DMMモバイルの実際に出る通信速度はと比較的速く、そして長期間安定した速度を維持しています。

※ SNSフリーオプションを申し込むと、SNS系の通信だけ別回線を通ります。この別回線は致命的に遅いです。SNSフリーオプションを外せば、通信速度は比較的安定して速度が出ます。

格安SIMの理論上の最高速度はどの格安SIMでも似たり寄ったりですが、実際に出る通信速度は格安SIMごとに大きく差が出ます。遅いSIMと速いSIMを比較すると100倍くらい差が出ることも普通にあります。

さらに話がややこしくなるのが、速いSIMが普通のSIMになったり、普通のSIMが速いSIMになったりする場合があります。UQ mobileだけが圧倒的に速い通信速度を維持していて、その他の格安SIMは時期によって速度が変動します。

DMM mobileの通信速度の経緯

2014年12月にサービス開始、通信速度は速い

2015年4月頃から速度が低下して平凡な速度になる

2015年7月頃から速度が改善して8月頃から速い速度になる

それ以降、安定して比較的速い通信速度を維持

2015年4月から7月ごろまで速度が低下して、格安SIMの中でも平均的な速度になってしまいましたが、それ以外の期間では比較的速い速度を維持しています。

大半の格安SIMは時期によって、遅くなったり速くなったりと、実際に出る通信速度がかなり変わってしまいますが、DMM mobileはかなり安定した比較的速い通信速度を出してくれます。

DMM mobileは信頼性の高いIIJmioの設備を使っているため、DMM mobileの通信品質も他と比べると良くなっています。DMM mobileは通信品質という点でもおすすめに入る格安SIMです。

このサイトでは2015年4月20日からDMM mobileの通信速度の計測を行っています。

DMM mobileの実際に出る通信速度の最新情報は格安SIMとWiMAX 2+の実際に出る通信速度の記録に載っているのでそちらもご確認下さい。

DMMモバイルの通信速度をリアルタイムで計測中

2018年2月から格安SIMの通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。DMMモバイルの実際に出る通信速度を複数の測定項目で計測しているので、こちらも参考にしてみてください。

DMMモバイルの通信速度(リアルタイム)

同じIIJmio品質のエキサイトモバイル等との比較

DMM mobileと同じように、エキサイトモバイル、イオンモバイル、QTモバイルのDタイプもIIJmioの設備を使っています。

ただし、IIJmioの設備を使っているからといって同じ通信速度にはなっていません。

IIJmioとDMMモバイルはほぼ同じ通信速度、エキサイトモバイル、イオンモバイル、QTモバイルのDタイプはそれよりも1段劣る通信速度になっています。

大幅に速度が異なるというわけではなりませんが、地味に差が出ます。

格安SIMは大手キャリアよりも速度が遅いので、ちょっとした差でもそこそこ体感が異なったりするので、基本的には通信速度が有利になるDMMモバイルとIIJmioを優先して検討することをオススメします。

バースト転送の存在

DMM mobileはバースト転送を使うことができます。バースト転送は月のデータ容量を使い切ってしまったあとでも、インターネットをするときは一瞬だけ高速通信にすることができます。

軽いサイトならある程度サクサク見ることができる機能です。DMM mobileのほかにIIJmioやエキサイトモバイルもバースト転送が使えます。

特に月1GBや月2GBのときはデータ容量を使い切ってしまう可能性が高いので、バースト転送は必須です。月3GBの場合はデータ容量を使い切ることはあまりないので、バースト転送はオマケ的な存在になります。

ライトプラン(200kbps)でもバースト転送あり

DMM mobileには月に使える高速データ通信が0GBのライトプランがあります。

ライトプランはデータSIMなら月額440円で使えますが、通信速度は200kbpsになります。ただし、このライトプランでもバースト転送が使えます。

ライトプランは通信速度が200kbpsと記載されていますが、バースト転送が使えるので一瞬だけ数Mbpsの速度が出ます。サイトを見るときに75KB分のデータが高速データで読み込むことができます。ヤフー程度の軽いサイトなら、そんなにストレスなく見ることができると思います。

ただし、ライトプランは3日で366MB以上使うと通信速度が更に厳しく制限されます。毎日100ページ以上見ると制限にひっかかる可能性があります。制限に引っかかった場合は、通信遮断レベルに近い通信速度になり、ほとんど何も使えなくなります。

ライトプランと月1GBプランは月40円しかないので、基本的には月1GBプランを契約することをオススメします。(DMMモバイルで一番人気のあるプランは1GBプランです)

参考:低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道

月250円でSNS系アプリをデータ消費なしに使い放題になるけど、通信速度が致命的に遅くなる

DMMモバイルの月3GB以上のプランなら、月250円のSNSフリーオプションでLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、インスタグラムをデータ消費なしに使うことができます。

ただし、他のMVNOのカウントフリーオプションと同じように、タイムライン上にあるYoutube動画の再生や、外部リンク先のウェブサイトの表示はデータを消費します。

「外部リンクって何?」→ タイムライン等で表示されたリンク先のウェブサイトです。外部リンクをタップして、リンク先のウェブサイトを見るとそのサイトの表示にかかるデータを消費します。データ消費はざっくり1MBくらいです。

LINEモバイルもSNS系アプリをデータ消費なしに使うことができるので、LINEモバイルと料金を比較してみます。

データSIMDMMモバイルLINEモバイル
月3GB850円+250円1110円
月5GB1210円+250円1640円
月7GB1860円+250円2300円
月8GB1980円+250円
月10GB2190円+250円2650円

※ LINEモバイルにはSMSなしのデータSIMがないので、SMSありのデータSIMの月額料金になります。DMMモバイルのSMSオプションは月150円です。

通話SIMDMMモバイルLINEモバイル
月3GB1500円+250円1690円
月5GB1910円+250円2220円
月7GB2560円+250円2880円
月8GB2680円+250円
月10GB2890円+250円3220円

似たり寄ったりな月額料金ですが、DMMモバイルならSNSフリーが必要なくなったら外すことができるメリットがあります。ただし、DMMモバイルのSNSフリーには致命的な問題があります。

超注意:DMMモバイルのSNSフリーは別回線を通り、SNS系の利用時の通信速度が致命的に遅くなる

DMMモバイルの主回線は安定した速度を維持しているのですが、SNSフリーを追加するとSNS系アプリだけ別回線を通ります。

SNSフリーは2017年9月下旬から開始してから3ヶ月ほど無料期間が続きましたが、無料のため申し込む人が多すぎて、別回線が圧迫されて、SNSフリーの通信速度が致命的なほど低下しました。

特に画像が中心のインスタグラムは、画像なんか出てきやしません。Twitterはテキストは表示できますが、アイコンや画像の読み込みは致命的に遅くなります。

SNSフリーの無料期間が終了して、有料になれば改善するのかとしばらく様子を見ていましたが、数ヶ月たっても改善はされませんでした。最早まともに使えるとは思わないほうがいいです。2018年5月ごろに改善の見込みなしで、このサイトで契約していたSNSフリーを解約しました。

SNS系をたくさん使いたい場合は、LINEモバイルが圧倒的にオススメです。

LINEモバイルのドコモ回線は通信速度は普通レベルですが、DMMモバイルのSNSフリーよりもだいぶ良いです。LINEモバイルのソフトバンク回線なら通信速度も速く、DMMモバイルのSNSフリーより圧倒的に快適に使えます。

複数契約したい場合は、シェアコースにする必要がある

DMMモバイルは基本的には複数のシングルコースを契約することはできません。

DMMモバイルで複数の格安SIMを使いたい場合は、基本的にはシェアコースを使う必要があります。最初からシェアコースを申し込むこともできますが、シングルコースを契約している人は格安SIMを追加すればシェアコースに自動的になります。

シェアコースの注意点は2つあります。

① 誰か1人がデータを大量に使うと、データ難民になる。

データを全員でシェアすることになるので、家族のだれかがデータをたくさん使ってしまうと、使えるデータがなくなって家族揃ってデータ難民になる可能性があるので注意してください。

② MNPする場合は同時に2枚以上MNPできない

DMMモバイルのシェアコースに家族揃ってMNPする場合、1人ずつMNPの手続きをする必要があります。同時に2枚以上MNPはできません。

例えば、3人家族の場合、まず最初にスマホの名義をDMMモバイルを契約する人の名義に揃えます。最初の1人がDMMモバイルのシングルコースを契約します。それが終わったら追加SIMで、次の人のスマホをMNPでDMMモバイル契約します。以下同じように追加SIMでMNPします。

シェアコースは3枚同時に契約すると事務手数料が3000円ですが、2枚以上同時にMNPの手続きをすることはできません。このため、MNPでDMMモバイルを契約する場合で、複数契約したい場合は、それぞれに事務手数料の3000円がかかります。

シェアコースは少し複雑なので、DMMモバイルの公式サイトも参考にしてみてください。(公式サイトの申し込み画面に進むと、シェアコースが出てきますが、あまり詳しく記載されてないです・・)

シェアコースはこちら → DMMモバイルの公式サイト

複数のメルアドを用意して、複数のDMMモバイルのアカウントを作成して、それぞれでシングルコースを契約することはできますが、10%のポイント還元もそれぞれのアカウントごとにバラバラになってしまうので、ポイントの使い勝手が悪くなります。

ポイントを使う予定がなければ、無理やりシングルコースを契約するのもいいと思いますが、ポイントを有効利用したい場合はシェアコースを選ぶことをオススメします。

月15GB、20GBプランを選ぶならBIGLOBEモバイルのエンタメフリーやWiMAX2+等がおすすめ

DMM mobileには月15GB(3280円)と20GB(3980円)のプランがありますが、このプランの月額料金が高いので選ばない方がいいです。

月10GBを超えるデータ量を使う場合、その大半はYoutubeやAbemaTV、HuluやNetflixなどの動画の視聴によるデータ消費です。動画をたくさん見たい場合、DMM mobileは速度が比較的速く安定していますが、月額料金の面から不適当な格安SIMになります。

動画を見る場合、どの格安SIMが良いかというと、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプション、楽天モバイルのスーパーホーダイ、BIGLOBE WiMAX2+の3つの選択肢から選ぶのが最適です。

動画用オススメNo.1:BIGLOBEモバイルとエンタメフリー

YoutubeやAbemaTVをたくさん見るなら、BIGLOBEモバイルが一番オススメです。BIGLOBEモバイルには月額480円でYoutubeとAbemaTVが見放題になるオプション、エンタメフリーオプションがあります。

BIGLOBEモバイルとエンタメフリーオプションの詳細評価

動画用オススメNo.2:楽天モバイルのスーパーホーダイ

最大1Mbpsで使い放題、それと10分かけ放題がついた通話SIMのプランです。月額料金は2年契約なら1980円(3年目以降は2980円)で使えます。

Youtubeは1Mbps出れば480pの高画質で動画を止まらずに見ることができます。NetflixやHulu、AmebaTVなら普通画質で見れます。Amazonプライムビデオは最初は低画質ですが、1,2分ほどで普通画質で再生してくれます。(昼12:00~13:00と18:00~19:00の時間帯は最大300kbpsに制限され動画は見れなくなります)

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価

なんでもOK:BIGLOBE WiMAX2+

なんでも快適に見たい場合や、高画質の動画が必要になる画面の大きいタブレットやノートパソコンで動画を見たい場合は、格安SIMの通信速度では不十分です。

この場合は通信速度が数倍以上になるWiMAX 2+を選びます。キャッシュバックを計算に入れると、月額3000円程度で無制限に高速データ通信を使うことができます(3日間で10GB以上使うと通信速度が制限されますが、突破するのはかなり困難なほどのデータ量です)。

BIGLOBE WiMAX 2+の詳細評価

その他の格安SIMと動画関係のお役立ち情報
Youtube向けの格安SIMとYoutubeで消費するデータ量と必要な通信速度
Netflix向けの格安SIM、データ量と通信速度、ダウンロードのまとめ

DMM光を契約するとDMM光mobileセット割で月額料金が500円引き!

今使っている光回線、もしくはこれから新しく光回線をDMM光にすると、DMM光mobileセット割でDMMモバイルの月額料金が500円引きになります。(複数回線を契約する場合、割引は1回線のみに適用されます)

新規契約の場合は、最大1万8000円かかる基本工事費も無料になり、キャッシュバックももらえます。転用(フレッツ光からDMM光への変更)の場合は、工事は必要ありません。転用でも初月無料とキャッシュバックがもらえます。

DMM光の月額料金は、戸建ての場合はファミリータイプで月額4820円、集合住宅の場合はマンションタイプで月額3780円になります。月額料金も光回線としては、そこそこ安いです。このためDMMモバイルを契約している多くの人がDMM光を申し込んでいるそうです。

DMM光とDMM光mobileセット割の詳細 → DMM光の公式サイト

注意点はv6プラスで申し込むことです。

v6プラスの他にPPPoEタイプがありますが、PPPoEタイプを選ぶと通信速度がかなり遅くなる場合があるので気をつけてください。

v6プラスを使うにはv6プラスに対応したルーターが必要なので、東日本エリアの場合はギガプラン対応無線LANルータ、西日本エリアの場合は無線LAN付きホームゲートウェイを月300円でDMM光経由でレンタルすることをオススメします。

※ 途中でレンタルのみキャンセルすることはできますが、その場合、回線を切り替えるのに2000円の手数料が発生します。

v6プラスに対応したルーターは1万円くらいするので、月300円のレンタル代ならレンタルのほうが良いです。

ひかり電話を使う場合、レンタル代が月100円引きになるのに加えて、ひかり電話を繋げるのにDMM光のギガプラン対応無線LANルータ、または無線LAN付きホームゲートウェイが必要になるので、とりあえずレンタルしておくことをオススメします。

DMMモバイルのまとめ+安定した運営

DMM mobileは格安SIMのサービスを開始してから4年近く経ちますが、そのほとんどの期間で安定した比較的速い通信速度を維持しています。(2014年12月17日からサービス開始)

DMMモバイルは月額料金も比較的安くて、実際に出る通信速度も比較的速く長い間安定しています。月にデータをそんなに使わない場合、特に月1GBでデータは十分な場合にオススメの格安SIMです。

申し込みはこちら → DMMモバイルの公式サイト

DMMはさまざま業種に手を出していて、その多くがその業種でトップシェアやトップシェアに近いシェアを誇っています。例えば、オンライン英会話やFXやオンラインゲームの艦コレなんかが代表的な存在です。DMM mobileもそれに続いて、低料金で比較的高品質な通信回線を維持していくと思います。

ただしDMM mobileの社長自らが言っていましたが、DMM mobileは儲からない・・・。そのためか低料金で比較的高品質な通信回線を維持しているのですが、それだけになりつつありました。

キャンペーンも消極的だったので、月額料金が安めでもキャンペーンを考慮すると微妙なお得度なのがDMMモバイルでした。

そんなDMMモバイルでしたが、2018年になってから10%ポイントのポイント還元の有効期限がようやく正式に1ヶ月から3ヶ月に延長になり、割とお得なキャンペーンを行うことが多くなってきています。

ポイント還元の3ヶ月の有効期限、まともなキャンペーン、低容量のデータプランの選択肢など、トータルで見ても結構良いサービス内容になっているので、今後もこの調子で運営してくれれば良いなと思います。

DMMモバイルの申し込みやSIMカードの設定に不安な場合は、DMMモバイルのデータSIMの申し込みから設定までの全て参考にしてみてください。

申し込みに必要なものとMNPについて

申し込みには本人名義のクレジットカードが必要です。加えて、通話SIMを申し込む場合は、本人確認書類が必要になります。他社からMNPをする場合は、MNP予約番号が必要になります。ここで、一つ一つ必要なものを説明していきます。

申し込みに必要なモノの詳細はこちら → DMMモバイルの公式サイト

公式サイトの「ご利用までの流れ」に必要なモノの詳細が記載されています。

必須:本人名義のクレジットカード

DMMモバイルを申し込むときに、本人名義のクレジットカードが必要になります。

※子供名義のスマホをエキサイトモバイルで使おうと思っている場合、未成年だと契約できないので、まずはスマホを親名義に変更して、親名義のクレジットカードで申し込む必要があります。

すでに自分のクレジットカードを持っていればそれを使えばいいです。クレジットカードを持っていない場合は、Yahoo JAPAN カードがオススメです。年間費無料で100円の支払いにつき1ポイントのTポイントがもらえます。

DMMモバイルの支払いに → Yahoo! JAPANカードの公式サイト

通話SIMやMNPをする場合は、本人確認書類が必要

通話SIMを申し込む場合やMNPをする場合は、申し込み時に本人確認書類が必要です。(データSIMまたはSMS付SIMを申し込む場合は、本人確認書類は必要ありません)

本人確認書類の下記の1点
運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、個人番号カード(通知カードは不可)

本人確認書類をスマホやガラケー、デジカメなどで撮ったり、スキャナーでスキャン等して申し込み時にその写真をアップロードできるように準備しておきます。

注意点は、本人確認書類に記載されている氏名と住所が、申し込みするときに入力する氏名と住所が異なると申し込みがキャンセルされます。加えて、クレジットカードの名義も同じものである必要があります。

本人確認書類の住所が現住所と異なる場合は、補助書類1点をアップロードすれば申し込みができます。

補助書類
住民票、公共料金領収書(都市ガス、電気、水道) ← 発行日から3ヶ月以内、本人の氏名と現住所が記載されていること

MNPをする場合は、MNP予約番号が必要

今まで使っているガラケーやスマホの電話番号をそのままエキサイトモバイルでも使いたい場合は、MNPの手続きが必要になります。

必要なのは、現在契約中のキャリア(ドコモやau、ソフトバンク等)に電話をかけて、MNP予約番号をもらうだけです。

DMMモバイルの申し込み中に、そのMNP予約番号を入力する画面が出てくるので、もらったMNP予約番号を入力すれば、DMMモバイルでも今まで使っていた電話番号をそのまま使うことができるようになります。

注意点は、ガラケーやスマホの名義とDMMモバイルを申し込む氏名が異なる場合は、MNPで失敗してひどいことになることです。ガラケーやスマホの名義がDMMモバイルを申し込む人と異なる場合は、同じようになるようにどちらかを変更する必要があります。

下記で各キャリアからのMNPの仕方を詳しく説明しているので参考にしてみてください。

DMMモバイルはガラケーやスマホが使えなくなる期間なしにMNPをすることができます。

DMMモバイルを申し込みしてからも、ガラケーやスマホは使えます。数日して、DMMモバイルから格安SIMが届いたら格安SIMを用意したスマホに入れます。

この時点でもガラケーやスマホは使えます。DMMモバイルのマイページから電話番号切り替えの申し込みをします。この切り替え手続きをすると、今まで使っていたガラケーやスマホが使えなくなります。切り替え手続きをして、数時間後(目安:2時間後)に格安SIMを入れたスマホでネットや電話が使えるようになります。

シェアコースの場合の注意点

最初の申し込みでシェアコースを申し込む場合、MNPができるのは最初の1枚だけです。

シェアコースで2枚以上のMNPをしたい場合は、最初にシングルコースで1枚だけMNPをする必要があります。その後にSIMカードを追加する形でなら2枚目以降のMNPもすることができます。この場合、それぞれに契約事務手数料がかかります。

キャンペーンの最新情報とおすすめの格安スマホ

DMMモバイルは2017年ごろまではキャンペーンにかなり消極的でしたが、2018年になってからは結構お得なキャンペーンを行うことが多くなっています。

時期によってキャンペーン内容が変わるので、キャンペーンの詳細は下記のページを参考にしてみてください。DMM mobileで買える格安スマホのオススメランキングも掲載しています。

DMMモバイルのキャンペーンの詳細とお勧めの格安スマホ、初期費用3000円が無料+Amazonギフト券を最大1万4000円分プレゼント

DMMモバイルで格安SIMを申し込むと、新規契約手数料(初期費用)3000円が無料になるキャンペーンを行っています。2018年12月6日までのキャンペーンです。

このキャンペーンに加えて今なら当サイト限定でAmazonギフト券が最大1万4000円分がもらえるキャンペーンを行っています。Amazonギフトのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

キャンペーンの公式サイト → DMMモバイルの公式サイト

格安スマホに関する最新情報は格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)で記載しています。基本的に正しいのは最新情報のほうです。最新情報を合わせて格安スマホの購入の参考にしてみてください。

DMMモバイルの格安スマホはあまりお得ではない・・

DMM mobileの月額料金は業界最安値水準、そして格安SIMを申し込む場合は割とお得なキャンペーンを適用することができたりします。

MVNOの中でもかなりお得度が高いのがDMMモバイルの格安SIMです。

ところが、格安スマホの場合はDMMモバイルでは格安スマホは定価販売です。たまに少し安くなる場合がありますが、他のMVNOの格安スマホのキャンペーンと比べるとだいぶお得度が低い結果になってしまいます。

例えば、BIGLOBEモバイルやNifMoの月額料金はDMM mobileと比べると少し高いのですが、BIGLOBEモバイルのキャンペーンNifMoのキャンペーンでは格安スマホをかなり割安に手に入れることができます。加えて両方とも月額料金が初月無料で利用できます。

UQ mobileもキャッシュバックとマンスリー割で格安スマホやiPhoneをかかり安く手に入れることができます。

DMMモバイルの格安SIMはお得ですが、格安スマホはトータルで見るとあまりお得じゃない感じに・・・。

DMMモバイルで格安スマホを買うのは悪くはないのですが、新しいスマホが必要な場合は基本的にはスマホが安く買えるMVNOを検討することをオススメします。

参考:格安スマホとiPhoneのキャンペーンのお得度ランキング

新しいiPhoneや今使っているドコモやau、ソフトバンクのスマホは使える?

新しいiPhoneは使える?

DMMモバイルでも新しいiPhoneを使うことができます。

アップルストアでiPhoneを購入するか、ヤフオクや中古ショップでドコモのiPhone、もしくはSIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクのiPhoneを購入すれば、そのiPhoneをDMMモバイルで使うことができます。

テザリングも問題なくできます。SIMのサイズにナノSIMを選ぶだけです。

参考:iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド – iPhoneを持っていない場合

ドコモのスマホは使える?

ドコモのスマホは、DMMモバイルの格安SIMで使うことができます。面倒な話はほとんどなく簡単に使えます。気をつけることはSIMのサイズとテザリングの有無くらいです。細かい話は下記のページに記載しているので参考にしてみてください。

ドコモのスマホを格安SIMで使うための詳細とテザリングの可否

ドコモのiPhoneについて

ドコモのiPhoneもDMMモバイルで使うことができます。ドコモのiPhoneならテザリングも問題なく使うことができます。

auのスマホは使える?

SIMロックを解除したauのスマホならDMMモバイルで使うことができます。ただし、対応バンドの確認ができないので、電波の受信が少し悪くなる可能性があります。基本的にはauのスマホはau系の格安SIMで使った方が無難です。

auのスマホを格安SIMで使うための詳細

auのiPhoneについて

SIMロックを解除したauのiPhoneならDMMモバイルで問題なく使うことができます。テザリングもできます。

ソフトバンクのスマホは使える?

ソフトバンクのスマホは、SIMロックを解除すれば、DMMモバイルで使うことができます。

対応バンドの違いから電波の受信に少し問題がある可能性がありますが、郊外や山間部、もしくはかなり運が悪くなければ、割と普通に使うことができます。

ただ、ソフトバンク系の格安SIMなら対応バンドが同じなので、ソフトバンクのスマホはソフトバンク系の格安SIMを使うことをオススメします。

ソフトバンクのスマホを格安SIMで使うための詳細

ソフトバンクのiPhoneについて

SIMロックを解除したソフトバンクのiPhoneならDMMモバイルで問題なく使うことができます。テザリングもできます。

DMMモバイルで選べるオプションはほとんど不要

DMMモバイルを申し込むと下記のオプションを選ぶことができますが、基本的に全部不要です。電話をそこそこする場合だけ10分かけ放題を検討してみてください。それ以外は予防策や代替策などでカバーできます。

・10分かけ放題 850円/月
月額850円のオプション料金で国内通話10分かけ放題、1回の通話が10分を超えた場合は超過分は30秒10円になります。電話をそこそこする場合に検討してみてください。

・SNSフリー 250円/月
月3GB以上のプランなら、月250円のSNSフリーオプションでLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、インスタグラムをデータ消費なしに使うことができるようになりますが、速度が致命的に遅くなるのでやめたほうがいいです。

・端末交換オプション 350円/月
スマホを壊してしまった場合でも端末交換オプションに入っていれば、自己負担金の3000円〜7000円で良品と交換してもらえます。

他のMVNOの端末交換オプションと比べると割安ですが、基本的に保護ケースや手帳型のケースに入れて使えば、スマホが壊れることはほぼありません。保護ケース等に入れたくない場合に、端末交換オプションを選ぶ感じになります。(つながる端末保証も同じ理由で不要です)

・セキュリティオプション 250円/月
スマホをウイルスから守ってくれますが不要です。無料のセキュリティアプリでも十分に機能します。無料のセキュリティアプリを参考にしてみてください。セキュリティアプリに250円も払う必要はありません。

・安心パック 500円/月
端末交換とセキュリティをセットにしたオプションサービスです。両方ともいらないので必要ありません。

・DMM Wi-Fi by エコネクト 362円/月
外でWiFiをつなげることができます。不要です。無料のWi-Fiの使い方があるので、わざわざお金を払う必要はありません。

・スマート留守電 290円/月
留守番電話を文字で読むことができます。不要です。無料で使える留守番電話で留守番電話の設定ができるので、耳が不自由でもない限り月額料金を払ってまでスマート留守電を使うメリットはありません。

・タブホ 500円/月
400誌以上、1000冊以上の雑誌が読み放題になりますが、基本的に不要です。利用開始月から2ヶ月無料に使うことができますが、解約し忘れることになるので、今まで購読していた雑誌でもない限り、選ばないほうが無難です。

DMMモバイルの評判

DMM mobileは以前は比較的通信速度が速く、そして月額料金が業界最安値だったころから良い評判ばかりでしたが、2015年4月ごろから徐々に通信速度が低下して、現在では通信速度が普通レベルの格安SIMになってしまいました。

安かろう悪かろうという評判が立ち始めてしまいましたが、2015年7月ごろから速度が改善していき9月には通信速度が比較的速い格安SIMのポジションに戻って、格安SIMの中でも評判の良い格安SIMになっています。

ただし、2017年9月から開始したSNSフリーオプションだけはどうしようもないです。最悪な評判を集めています。

DMM mobileはSNSフリーオプションさえ除外すれば、特にライトユーザにかなり良い格安SIMです。加えて、DMMポイントの10%還元も結構使えるので、電子書籍などで漫画を読んでみたい場合にもオススメの格安SIMになっています。

DMM mobileの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。DMM mobileも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問や口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:DMM mobileの口コミ

DMMモバイルの関連情報

DMMモバイルの公式サイト

DMMモバイルの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:DMMモバイルの口コミ

DMMモバイルの実際に出る通信速度はこちら
DMMモバイルの通信速度(リアルタイム)

その他のおすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • 格安SIMの中で通信速度がダントツに一番速いのがUQ mobileです。au系の格安SIMなのでauのスマホユーザや、通信速度を最重視する人に特におすすめの格安SIMです。
  • mineo
    • mineoはドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安SIMを提供しています。家族割や複数回線割があるので多人数で使う場合に安くなります。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約した場合でも違約金がないので、ちょっと格安SIMを試してみたい人にもおすすめです。
  • IIJmio
    • DMMモバイルはIIJmioのシステムを使っています。MVNO業界シェア2位。通信速度も比較的速く、信頼性が最も高い格安SIMです。
  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月480円のオプションでYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。割安に使えるキャンペーンも積極的です。au回線なら速度も結構速いです。
最終更新日 2018年9月25日 / 作成日 2015年3月25日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る