MVNOの格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の比較記録

計測場所: 東京都(川崎とか蒲田とか羽田とか品川に近い場所)の普通の住宅街

郊外だと通信速度が少し速くなるとか、都市部だと通信速度が少し遅くなるとかはありますが、格安SIMでは相対的な評価は同じになります。郊外だと特定の格安SIMだけが速くなるとかはありません。郊外でとある格安SIMが速くなると、他の格安SIMも同じように速くなります。

郊外だと、遅い格安SIMは少し速くなり、速い格安SIMはより少し速くなります。

計測するMVNOとWiMAX 2+: 楽天モバイル(新新)、楽天モバイル(新)、楽天モバイル(旧)、UQ mobile 3GBプラン、UQ mobile 無制限プラン、NifMo、OCNモバイルONE、IIJmio、DMM mobile、イオンモバイル、エキサイトモバイル、U-mobile、FREETEL、mineo auプラン(A)、mineo ドコモプラン(D)、BIGLOBE、DTI SIM、b-mobile おかわりSIM(日本通信)、0SIM、BIGLOBE WiMAX 2+

計測に使用するスマホまたはタブレット: Acer Liquid Z530、Priori3 LTE、ZenFone Max、arrows M02、ZenPad 7.0 Z370KL、GALAXY S4 SC-04E、Priori3 LTE、P9lite、SAMURAI MIYABI、Huawei P8lite、GR5、FLEAZ POP、AQUOS PAD、ZenFone 2 Laser、Xperia A SO-04E、Galaxy S5 SCL23、Desire 626、ZenFone Go、m15、SAMURAI REI、WX02(WiMAX 2+用)

使用するスマホまたはタブレットの性能差による通信速度への影響はほとんどありません。(多少はありますが、無視です!)

受信状況:電波状況は良い

通信速度の見方

通信速度の計測は、多くの人がスマホをよく使う時間帯として平日の8時、12時、19時の時間帯で計測を行います。人があまりスマホを使わない時間帯として14時の時間帯も計測に加えています。

8時は8時0分から8時50分の間に計測を行っています。12時は12時20分から12時50分の間に計測を行っています。14時は14時30分から15時0分の間に計測を行っています。19時は19時0分から20時0分の間に計測を行っています。

計測する時刻による差があまり出ないように、計測の種類ごとに、すべての格安SIMが20分以内に計測できるように計測を行っています。

ダウンロード速度の計測を行います。アップロード速度は重要ではないので無視します。Pingはそこそこ重要ですが、ほぼ全ての格安SIMで十分速いPingが出るので無視します。WiMAX 2+でも同様です。

計測アプリでの速度結果 ※重要ではない

計測アプリはSpeedtest.net by Ooklaでの速度結果になります。計測アプリだけ速度が速くなる格安SIMがあるので、あまり重視しないほうがいいです。画像(Web)、アプリ/ファイル、動画再生時の通信速度を重視してください。

画像(Web)の読み込み速度 ※重要

画像(Web)はSSL経由で500KBの画像を複数ダウンロードした時のダウンロード速度です。Webサイトを見るときに最も重要になる通信速度になります。12時台は、500KBの画像を3つ読み込ませた時の、平均ダウンロード速度です。それ以外の時間帯は500KBの画像を6つ読み込ませた時の、平均ダウンロード速度になります。

だいたい1Mbps出ていれば合格点です。普通に見れます。2Mbps以上なら快適です。2Mbps超えると体感値はほとんど同じになります。画像(Web)は、例えば2Mbpsと10Mbpsとの体感値の違いはほとんどありません。平日の昼は速度が遅くなるので、0.5Mbps以上出ていれば合格点です。(0.3Mbps以下になると、読み込みが遅く、ストレスがかなりたまってくる感じになります)

アプリ/ファイルのダウンロード速度 ※少し重要

アプリのダウンロード速度は、Google Playストアでパズドラをダウンロードした時のダウンロード速度になります。ファイルのダウンロード速度は適当なファイルをダウンロードする時のダウンロード速度です。

アプリ/ファイルのダウンロード速度で一つしか数値が記載されていないものは、アプリのダウンロード速度になります。アプリとファイルのダウンロード速度はだいたい同じになります。

アプリ/ファイルのダウンロード速度は平日の朝と夜だと1Mbpsで合格点です。実際のところ1Mbpsでは遅いのですが、これ以上あげると不合格がボコボコ出てくるので妥協点として1Mbpsが合格点になります。5Mbpsで快適に使えます。平日の昼だと0.3Mbpsが合格点になります。14時台は空いているので、5Mbpsで合格点、10Mbps以上なら快適です。

動画再生時の通信速度 ※少し重要

動画はYoutubeの480pの動画を再生している時の通信速度(ダウンロード速度)です。動画の再生にはそんなに通信速度は必要ないので、昼の時間帯を除いて、ほとんどの時間帯で普通に動画を見ることができます。

平日の昼の時間帯では、ほとんどすべての格安SIMで動画の再生に支障をきたすので、基本的に計測を行いません。昼の時間帯でも動画を絶対見たい場合は、基本的にWiMAX 2+を使うか、格安SIMではなく大手キャリアで契約することをおすすめします。

動画の再生時の通信速度は0.7Mbpsで合格点、1Mbps以上で快適に使える評価になります。

平日の19時に時間帯で動画の再生時の速度に問題がなければ、平日の昼の時間帯以外のすべての時間帯で、動画の再生に問題ない速度が出ていると評価できます。

格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の最新の記録順

格安SIMの実際に出る通信速度は割と大きく変動します。比較記録の最新の記録が最も正しい情報になります。格安SIMや格安スマホの購入を検討する際は、最新の記録3回分は確認することをおすすめします。

WiMAX 2+に関しては、曜日や時間帯、利用用途に関わらず、とても速い通信速度を出すことができます。

以下、格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の最新の記録順になります。(WiMAX 2+の通信速度の計測は2016年6月からになります)

2016年4月22日 特別編 楽天モバイルの旧APN、新APN、新新APNにおける速度差のまとめ

最終更新日 / 作成日 2016年4月23日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較
計測日時: 2016年4月22日 平日 金曜
場所: 東京都(川崎とか蒲田とか羽田とか品川に近い場所)

特別編で計測するMVNO: 楽天モバイル(旧)、楽天モバイル(新)、楽天モバイル(新新)、DMM mobile
続きを読む 2016年4月22日 特別編 楽天モバイルの旧APN、新APN、新新APNにおける速度差のまとめ

2016年3月1日 MVNO大手13社+3の格安SIM、昼のサイトの読込速度、ファイルのダウンロード速度、マップの通信速度

最終更新日 / 作成日 2016年3月5日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較
計測日時: 2016年3月1日 平日 火曜
場所: 東京都(川崎とか蒲田とか羽田とか品川に近い場所)

続きを読む 2016年3月1日 MVNO大手13社+3の格安SIM、昼のサイトの読込速度、ファイルのダウンロード速度、マップの通信速度